ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!

2016年、ANAのSFC取得しました! ANAマイルの特典航空券を利用してファーストクラスに乗るための情報、体験談を発信します。

マイルを貯めるって何がいいの??

f:id:sfc-mile:20161029215459p:plain

 

先日、会社の友人と飲みに行きブログ作成の話をした際、「確かにTポイントのポイントを貯めてるっていう話は聞かないけど、マイルを貯めてるって話は確かによく聞くよね。で、マイルを貯めるって何がいいの??」と聞かれました。

 

ちなみに友人は今までマイルを貯めることに全く興味がなかったようです。

 

人それぞれ価値観は違いますが、元々マイルに興味がなかった方にも、少しでも興味を持ってもらいたいと考えています。

今回はマイルの使い道について紹介させて頂いて、マイルの良さについて少しでも共感して頂きたいと思います。

 

 

皆さんはマイルというと特典航空券のイメージが強いかと思いますが、貯めたマイルの使い道はいろいろとあります。

特典航空券

 ・ANA国内線特典航空券

 ・ANA国際線特典航空券

 ・提携航空会社特典航空券

アップグレード

 ・ANA国際線アップグレード

 ・スターアライアンスアップグレード

ポイント交換など

 ・ANAショッピングポイント

 ・ANAスカイコイン

 ・食事する

 ・提携パートナーの各種ポイントに交換

など。

 

ただ、上記さまざまな用途を記載させて頂いたものの、私はマイルの良さは特典航空券の一言に尽きる!と考えていますので、マイルの使い道を特典航空券に絞って紹介します。

 

なお、アップグレードやポイント交換については、以下理由より、私はさほど魅力を感じていません。

 

アップグレード:アップグレード対象の航空券のクラスが決まっており、該当航空券を購入すると割高になってしまう。(同じエコノミークラスの航空券でもY、E、B、M、U、H、Q、V、W、S、T、L、K、Gと航空券のクラスが細かく分かれています)

 

ポイント交換など:基本1マイル1円相当になってしまう。(ANAスカイコインは交換するマイル数によって交換レートがUPするので、それなりによいと思いますが、それでも最大で1マイル1.7円です。SFC修行をお金をかけずに行いたいという場合はお勧めしますが、それ以外であれば特典航空券のほうがお得だと思っています。)

 

 

ANA国内線特典航空券

国内線の特典航空券に交換する場合、旅行時期によって必要マイル数が変わり、2016年だと以下のようになっています。

 

 【シーズンチャート】

 L ローシーズン:1/5~2/26、4/1~4/27、12/1~12/22

 R レギュラーシーズン:2/27~3/17、5/10~8/9、8/23~11/30

 H ハイシーズン:1/1~1/4、3/18~3/31、4/28~5/9、8/10~8/22、12/23~12/31

 

上記シーズンと利用路線の距離(マイル)によって、以下のように必要マイルが決定します。

 

 【必要マイルチャート(往復)】

    0~ 600マイル区間: L 10,000マイル、R 12,000マイル、H 15,000マイル

  601~1,600マイル区間: L 12,000マイル、R 15,000マイル、H 18,000マイル

 1,601~2,000マイル区間: L 14,000マイル、R 18,000マイル、H 21,000マイル

 2,001~4,000マイル区間: L 17,000マイル、R 20,000マイル、H 23,000マイル

 ※詳細はANA国内線特典航空券シーズン・必要マイルチャートを参照ください。

 

例えば、東京ー沖縄は1,601~2,000マイル区間、仙台ー沖縄は2,001~4,000マイル区間となるため、レギュラーシーズンであれば、それぞれ18,000マイル、20,000マイルあれば往復の特典航空券に交換できます。

本日(3/16)時点で、4/1の航空券代をみると、東京ー沖縄は特割で片道25,190円、仙台ー沖縄は特割で片道43,200円となっており、往復だとその倍かかるので、マイルを利用した特典航空券のほうがかなりお得だということが分かります。

 

当然、旅割75(75日前までに予約が必要、変更不可)での予約や、LCCが飛んでいる都市であればLCCを利用することでもっと安く済ませることも出来ます。

(LCCは座席間隔が狭く、長距離の移動は背の高い男性にとっては非常につらいですが…)

 

ただ、それでも私は沖縄までの航空券が往復で20,000マイル前後ってすごいお得ではないか!?と考えています。

だって、新幹線での仙台ー東京往復の価格よりも少ないマイル数で沖縄往復出来ちゃうんですよ!(笑)

 

どうせ旅行できる程マイル貯まらないし・・・、と思う方も多いかもしれませんが、以前よりブログで紹介しているマイル獲得方法を実践してみて下さい♪

ANAマイルの取得について~ポイントサイトでのポイント獲得①~ - ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!

1度だけであれば、10万マイルくらいは本当に簡単に貯まります。

 

また、クレジットカードのポイント等だけでも、頑張れば年間20,000マイルくらいは貯められると思います。

私はこのブログを始めるまでは、ほぼクレジットカード利用分のポイントだけでマイルを貯めていましたが、それでも毎年20,000マイル程度貯まっています。

当然、極力クレジットカード払いとする、コンビニ等も電子マネーでポイントの二重とりをする、ANAのマイルが貯まる店で買い物をする等といったちょっとずつの積み重ねの努力は必要ですが、それでも沖縄往復分のマイルと考えれば頑張る価値はあるのではないでしょうか?

(どのクレジットカードで貯めるのがよいかということは、また別記事で紹介します)

 

 

ANA国際線特典航空券

ANAの国際特典航空券は旅行するゾーンと旅行時期によって必要マイル数が異なってきます。

旅行時期は旅行するゾーンによって異なってくるのでご注意ください。

 

 【ゾーン区分】

f:id:sfc-mile:20161029215526p:plain

 

 【シーズンチャート】

 2016年のシーズンチャートは以下となっています。

 日本ー欧米(zone6~7)

 L ローシーズン:1/5~2/29、4/1~4/26

 R レギュラーシーズン:3/1~3/31、5/10~7/28、8/23~12/21

 H ハイシーズン:1/1~1/4、4/27~5/9、7/29~8/22、12/22~12/31

 

 日本ーアジア(zone2~4)

 L ローシーズン:1/5~1/31、4/1~4/26、5/10~6/30、12/1~12/21

 R レギュラーシーズン:2/1~3/31、7/1~8/4、8/23~11/30

 H ハイシーズン:1/1~1/4、4/27~5/9、8/5~8/22、12/22~12/31

 

 日本ーハワイ、オセアニア(zone5、zone10)

 L ローシーズン:4/1~4/26、5/10~5/31

 R レギュラーシーズン:1/5~3/31、6/1~7/28、8/23~12/21

 H ハイシーズン:1/1~1/4、4/27~5/9、7/29~8/22、12/22~12/31

 

 【必要マイルチャート(往復)】

f:id:sfc-mile:20161029215544p:plain

 ※日本(zone1)からの必要マイルチャートとなります

 ※詳細はANA国際線特典航空券シーズン・必要マイルチャートを参照ください。

 

例えば、レギュラーシーズンの場合、アジア2(zone4)のエコノミークラスであれば、35,000マイルで特典航空券に変更できることが出来ます。

私はこのエコノミークラスの特典航空券も魅力的だと思っていますが、旅行先によっては格安航空券を手配すれば航空券を購入するのとそんなに変わらないんじゃない?と言われるかもしれません。

(インドやミャンマーなどは航空券が若干高いので、少しお得だと思います)

 

安心してください。もっと魅力的な特典航空券もあります。

マイルの価値が最も高くなるのはビジネスクラス、ファーストクラスでの利用です!

上記表を見てもらえれば分かりますが、アジア2(zone4)のビジネスクラスは60,000マイル、ファーストクラスは105,000マイルで交換出来ます。

例えば5月末くらいの日本ーシンガーポールのビジネスクラスの料金は25万円~50万円、ファーストクラスの料金は85万円程度だったので、上記マイル数で交換出来るというのはすごいお得だということが分かりますよね!?(1マイルの価値が3.8円~8.3円になります)

私はファーストクラスに乗る機会なんて永遠にないと思っていましたが、マイルを利用することで実現可能なものとなり得ます!

 

また、レギュラーシーズンのハワイの場合は、エコノミークラスで40,000マイル、ビジネスクラスで65,000マイルです。

少し頑張ってマイルを貯めれば、夫婦2人ビジネスクラスでハワイなんて素敵ですね♪

  

提携航空会社特典航空券

ANAが就航していない都市についても、スターアライアンス加盟航空会社と、提携航空会社の運航便で特典航空券に交換することができます。

こちらはまた少し複雑になるので、ANAのホームページ提携航空会社特典航空券を参照ください。

 

概ねANA国際線特典航空券と同じようなマイル数で特典航空券に交換できますが、海外での乗り継ぎがある場合の必要マイル数等も別で定められているので、ご確認頂ければと思います。

  

以上がマイルの使い道となります。

多くの人が頑張ってマイルを貯めている理由が分かって頂けたでしょうか!?

 

少しでも興味を持って頂けたのであれば、早速マイルを貯めて旅行に行きましょう!!

 

マイルの貯め方、交換の仕方は以下記事を参照下さい。

www.ana-mile-first.com