読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!

2016年、ANAのSFC取得しました! ANAマイルの特典航空券を利用してファーストクラスに乗るための情報、体験談を発信します。

ANAマイルを貯めるクレジットカード紹介~SFC向け補足~

クレジットカード

f:id:sfc-mile:20161029212618p:plain

 

前回の記事で、ANAマイルを貯めるクレジットカードの紹介をさせて頂きましたが、SFC取得を検討している人向けに少し補足させて頂きます。

 

SFC取得後はANAスーパーフライヤーズ ゴールドカードのVISAカードを勧めさせて頂きましたが、今回はSFC修行時のお勧めカードについてです。

私は、SFC修行開始時点で、ANA VISAカードを持っていない場合は、SFC修行開始時にANA VISA一般カードをポイントサイト経由で発行し、それをメインカードとするのがよいと考えています。

 

 

私は今までANA JCB一般カードを利用していたので、私も今回のSFC修行を機にポイントサイト経由でANA VISA一般カードを発行しており、まずはポイントサイトで10,000円相当(9,000マイル相当)のポイントを獲得しています。

(今時点でANA VISAカードのポイント還元はハピタスもポイントタウンも2,000円相当のポイントですが、一か月ほど前は10,000円相当のポイント還元でした。)

 

また、現在はANA VISA カード 入会キャンペーンも行われており、そこでもマイルを獲得できます。

f:id:sfc-mile:20161029212638p:plain

#入会キャンペーンは頻繁に実施していると思いますので、事前に対象期間、対象内容を確認してください。

 

上記入会キャンペーンで一般カードの最大獲得マイル数は26,500マイル相当となりますが、SFC修行を行う場合であれば、最大の26,500マイル相当を獲得できる可能性はけっこう高いと考えています。

 

・入会ボーナスマイル 1,000マイル

・リボ払い利用キャンペーン 15,000マイル相当

 (最大分獲得するためには、最長でも5カ月以内に利用金額50万円以上の利用とハードルが高いですが、SFC修行分を含めると何とか50万円分の利用はできるのではないでしょうか)

・家族カード入会キャンペーン 5,000マイル相当

・「iD」利用キャンペーン 2,000マイル相当

・入会 + 参加登録 1,000マイル

・搭乗(国内線、国際線) 2,000マイル

・ANAカードマイルプラス加盟店利用 500マイル

#各種取得条件の詳細は上記リンクよりANAのホームページを参照ください

 

 

ANA VISA一般カードをメインカードとして利用し、ポイントサイトでのポイント獲得と、入会キャンペーンのマイルをしっかり獲得し、SFC取得の条件を満たした後、ANA VISA一般カードをSFCのゴールドカードに「変更」すればよいのです。

 

私もまだ修行中の身なので実際に確認は出来ていませんが、三井住友カードに以下確認しています。

 

①ANA一般カードを所有している場合、SFCゴールドカードは新規ではなく一般カードからの変更となるか?

 ⇒新規申込ではなく、変更が可能ですのでお切り替えとなります。

 

②ANA一般カードでためていたポイントは引き継がれるか?

 ⇒旧カードのワールドプレゼントのポイントはお切り替え後のカードへ自動的に引き継ぎ致します。また、ポイントのマイル移行の新しいカードの交換レートが適用となります。

 

③前年お買いもの累計に一般カードの実績が反映されるか?

 ⇒前年度のお買い物累計も合算致します。

 

クレジットカードが変更扱いとなり、ポイントが自動的に引き継がれるため、SFCゴールドカードに変更後にマイル移行すれば、マイル移行に手数料を払う必要はありません。

前年度利用実績も反映されるため、翌年度からボーナスポイントを取得することが出来ます。

 

また、事前にANA一般カードでの利用実績が上がることより、SFCゴールドカードでの審査も通りやすくなると思います。

  

まとめ

修行中はANA VISA一般カードを利用することで、ポイントの獲得と入会キャンペーンのマイルを獲得し、また、その一般カードをSFCゴールドカードに変更することでもろもろのデメリットを消し去ることが出来ると考えています。

 

なお、ANA一般カードは初年度年会費無料であるため、一年以内にSFCに切り替えることを考えれば、年会費はかかりません。また、マイル還元率も、前記事で書いたSFCゴールドカードと変わりませんので、1.57%と高還元率として運用することも可能となります。

 

私も現在実践中であるため、確認は出来ていませんが、もしよければ試してみてください!