エアチャイナのエコノミークラスのPP単価について

id:jp:20161029200951p:plain

 

ビジネスクラスを利用したSFC修行について!という記事で、エアチャイナのビジネスクラス利用が良い(費用もバカ高くなく、PP単価8.33円程度で実現可能)ということを紹介させて頂きました。

 

ビジネスクラスがよいことは分かりましたが、ではエアチャイナのエコノミークラス利用ではどうなるのか?ということが気になりましたので、今回エコノミークラスでのPP単価について調べてみました。

 

なお、前回はなんとなく成田空港発着で調査していましたが、羽田空港発着についても確認したところ、ほぼ同じ値段で手配可能でした。

多くの人にとって羽田のほうが交通の便がいいと思うので、ちゃんと確認しないといけませんね・・・。

 

 

今回は羽田空港発着で確認します。

 

シンガポールのエコノミークラスの料金

id:jp:20161029201011p:plain

 

タイのエコノミークラスの料金

id:jp:20161029201028p:plain

 

今回は直近の週末で安い航空券は埋まってそうでしたので、少し先の週末で確認しています。

エコノミークラスの航空券はシンガポールで30,110円、タイで27,180円とANA便のエコノミークラスを利用するより、2、3万円ほど安い結果となっています。

 

運賃クラスはSクラスで積算率は50%となり、また、ANA便ではないため、ビジネスクラスの時と同様に路線倍率はつきません。

以前の記事でも記載しましたが、成田ー北京は飛行距離が1,313 マイル、北京ーシンガポールは2,793マイル、北京ーバンコクは2,053マイルです。(北京からのマイル数は多少の誤差があるかもしれませんが、ご了承ください)

 

そのため、獲得できるプレミアムポイントは以下となります。

シンガポール

 (1,313 マイル+2,793マイル)×50%×2(片道)=4,106ポイント

タイ

 (1,313 マイル+2,053マイル)×50%×2(片道)=3,366ポイント

 

獲得できるプレミアムポイントと航空券代より、PP単価はシンガポールで7.33円、タイで8.07円となり、シンガポールもタイともに優秀だと思います。

 

基本的にエアチャイナはPP単価の面で考えると、エコノミークラスもビジネスクラスも非常に使えると言っていいと思います。

 

唯一のネックは北京乗り換えでしょう。

ただ、北京乗り継ぎは大きなデメリットだとしても、例えば羽田-シンガポールの場合、以下のような時間帯となります。

往路

 羽田19:45発、シンガポール06:25着(11時間40分 ) または

 羽田08:30発、シンガポール21:40着(14時間10分 )

復路

 シンガポール00:15発、羽田12:50着(11時間35分 )

 

例えば、金曜日に仕事終わってから移動して、シンガポールで丸1日遊んで、日曜日に帰ってくることも可能ですね。

 

また、前回のビジネスクラスの記事の時にも記載しましたが、エアチャイナでは直前で予約できることも大きなメリットです。

シンガポールのエコノミークラスでは、今現在確認してみても明日(4/19)発、4/21戻りでも34,810円で航空券を購入できます。若干PP単価は落ちますが、それでも前日の予約でPP単価8.47円です。

仕事の都合などで予定が立てにくい方にとっては、ものすごく使いやすいと思いますので、北京乗り換えが許容できるのであれば是非とも利用を検討してみてください♪

 

ただし、以前も記載した通り、プラチナステータス取得のためには、ANA運行便で25,000ポイント貯めないといけませんので、みなさんが利用する場合はその点についてはご注意下さい。

 

スポンサーリンク

17 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    初めまして、hiroと申します。私も昨年修行しましたので、JPさんの記事は「そうだった」とか、修行時を思い出して懐かしいです。
    さて、エアチャイナ(中国国際航空)が安いとの記事ですが、率直に言ってお勧めいたしません。
    私の場合、6年前に北京・バンコクに行く際に利用しました。
    利用したのは、当然チケット代が他に比べて激安だったからです。
    でも、やはり安いのには訳がありました。
    まず、パーソナルビデオは当然ありませんし、ビールは冷えていない(中国の習慣みたい)、事前座席予約は勝手に変えれらている等ですが、極めつけはトランジット(乗換え)の際、ターミナル内のイミグレを通るのですが、ここがネックで長蛇の列になっていました。(案内も分かりずらい)
    乗り換えがタイトな時はひやひやです。
    共産国なので作業が遅いのです。(共産国の公務員ですから)(笑)
    それも含めて「修行」と割り切っていけば良いんでしょうが……
    中国の話なので、直接航空会社とは関係ないかもしれませんが、楽して修行しようとする人には、きついですね。
    チャイナエアライン(台湾)は早いんですけどね。
    あっ、市内に出れば快適ですよ(笑)

  • SECRET: 0
    PASS: 53515e39be24bf926db63e33ae7bfa93
    hiroさん、初めまして。
    ブログを読んでくださっているようでありがとうございます!
    また、アドバイスも頂いて、本当にありがとうございます。
    エアチャイナはそうだったんですね・・・。
    スターアライアンス加盟の基準を満たしているので、そんなに悪くないだろうと思っていました。。。
    6年前からはいくぶん改善されているかもしれませんが、それでもやっぱり安い訳はありそうですね^^;
    トランジットのイミグレも確かに心配です。。
    乗り換えがタイトな時に優先的に案内してくれればいいのですが、中国だとあまり期待もできなさそうな気も(笑)
    ただ、ビジネスクラスはやっぱり気になって仕方がないので、乗り換えに余裕がある便でチャレンジしてみるかもしれません^^;
    エコノミークラスは直前で旅行可能になったけどどうしてもPP単価を抑えたい!って場合の最終手段みたいなものでしょうか・・・。
    今後もブログ読んで頂くようお願いします^^;
    また、厚かましくて申し訳ありませんが、他にもアドバイス等があれば教えて頂けると嬉しいです♪

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    hiroです。
    まあ、中国に入国したときは、イミグレ特段遅い気もしなかったので、あくまでトランジットの時だけです。
    飛行機自体もさほどボロではないですし、機内でお酒飲まなければいいだけですからね。
    ただ、書き忘れましたがhttp://wonderlaboratory.com/air-china-ignore-haneda/みたいなこともあったみたいです。
    こっちの方がより深刻ですね。一部のパイロットだけでしょうが。
    なにより、修行を楽しんでくださいね。

  • SECRET: 0
    PASS: 53515e39be24bf926db63e33ae7bfa93
    たびたび情報提供ありがとうございます。
    このような記事を見ると迷ってしまいますね・・・。
    私の場合、ビジネスクラスを利用するとプレミアムポイントもだいぶオーバーしてしまうので、尚更・・・。
    一部問題のあるパイロットはどこにでもいそうな気もしますが、とりわけ中国はリスクがありそうですね。
    利用するかどうかは、今後の仕事の状況なども含めてもう一度検討したいと思います。
    私の修行は出張除くと4回ほどで終わってしまいそうですが、最後まで楽しみたいと思います♪

  • SECRET: 0
    PASS: 16bbc67855f77ff088931e609dd8e003
    昨年、DIA維持のために、CA便を利用しました。
    往路は手配の関係で、成田〜成都、成都〜シンガと2日かけての移動でした。
    復路はシンガ〜北京〜羽田と北京乗り継ぎをしました。
    私はビジネスクラスでの修行で、かつ、シンガで羽田までのチケット発券もして頂いたのですが、それでも北京での乗り継ぎは慌ただしいものでした。
    普段から仕事で中国は行き来しているので覚悟はしていましたが、乗り継ぎは3時間位ないとかなり慌ただしいです。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ひろさん、初めまして。
    (上でコメント頂いたhiroさんとは別人ですよね?)
    コメント頂いてありがとうございます!
    それにしてもやはり北京乗り継ぎは時間かかるんですね(*´ー`*)
    ビジネスクラスで3時間位ないと厳しいとは・・・。
    幸いなことに私はANAのビジネスクラスのバグ設定にのっかることができたので、エアチャイナはおそらくは使わないことになりそうですが、貴重な情報ありがとうございます。
    この記事を読んで頂いた方にとって複数の方からのこう言ったコメントは非常に参考になると思います。
    そして、私ももう少し気をつけて記事を書かないといけませんね(^^;)
    今後とも宜しくお願いします。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは、初めまして。
    昨今の中国の政策の変更でトランジット旅客に行われていた
    「トランジット旅客用の入国審査」は廃止になりました。
    今行われてるのは「トランジット旅客に対する『航空会社による保安管理』の検査」であって、ブースは過去の入国審査のを使っていても行っているのはエアチャイナの職員です。
    到着便の遅延さえなければMCTでも何の問題もありません。
    機内設備云々はいろんな意見があるでしょうが、そこをあの値段に求めるのが酷な話です。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    初めまして。
    貴重な情報ありがとうございます!
    入国審査と保安管理の検査について、大変参考になりました!!
    利用した時期などによって、利用時の印象が全く違ってそうですね。
    そして、情報の重要さについても、改めて思い知りました。
    機内設備云々については、おっしゃる通りかもしれません。
    何を重要視するかですよね^^;

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    管理人さんこんにちは。
    MCTについて満たしていれば、「次の行程セグメントへの搭乗権利の保証」であって「必ず次便が待ってくれる保証」と錯覚されてる方が多いようですね。これは国航に限らず次便が待てなきゃ飛んでしまうのは日系米系問わずどこでもそうです。(^^;)
    北京は確かに大きく非効率な動線なので皆さん心配でしょうけど、
    遅延が見込まれる場合には
    1)遅延便に乗る際(や搭乗後の客室乗務員)に次便があることを必ず次便に伝える
    2)北京でボードを手にした職員がいる場合その指示に従う
    (これは客室乗務員がランディング前後に地上に連絡してくれてるけケース)
    3)いない場合は乗り継ぎカウンターの近くにいる国航職員に声かけ
    横入りをさせてもらい
    手荷物検査場も次便が近いことを伝えれば前に通してもらえます。
    なぜこれが出来るかというと、乗り継ぎカウンターで青の菱形スタンプや保安検査で楕円の朱色スタンプを押すのも国航職員だからです。
    保安検査を出たら、無料の電気カートに乗せてもらうようにお願いするのもいい手段でしょう。
    安いなりのキャリアなので座して待ってると、乗り遅れます。
    機内設備はモニターがあっても日本語コンテンツは韓国歌謡曲の中に2曲程度入ってるだけなので、タブレットやPCに動画を入れていってます。冷静に考えると安いタブレットを買ってもまだ他のスタアラ系より安いんですから。
    ドリンクがぬるいのはお国柄ですが、長距離路線では頻繁にドリンクサービスはしてくれますし、缶の飲料はギャレーに行けば普通にくれます。大昔のアメリカ系みたいなノリです。
    どうか皆さんの修行の参考になれば、と思いお書きしました。(^^;)
    にしても、管理人さんの視点には脱帽です。
    国航は日本初ではOWの設定も安いので良いですよね。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とーりすがりさん
    またまた詳しい情報ありがとうございます!
    航空会社で務めていらっしゃる方なのかな!?と思ってしまうくらいお詳しいですね。
    お恥ずかしい話ですが、私は国航(エアチャイナ)、MRT(最低乗継時間)やOW(片道航空券)など、ググってしまう程の知識しか持ち合わせていないので、大変勉強になります。(笑)
    また、そんな程度なので、ほめて頂くと恐縮してしまいます^^;(汗)
    MCTの保証の範囲と、乗り遅れに対してのリスクヘッジ、大変勉強になりました。
    日本の航空会社だと至れり尽くせりなので、ついつい何もしないで航空会社任せにしてしまうこともありますが、本来は今回記載頂いたような内容のことをちゃんと自分から行動しないといけませんよね^^;
    今回頂いたコメントも、ブログを読んで頂いている方にとって大変参考になると思います!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    管理人さん 
    おはようございます。
    次便を待つかの最終判断は地上でもなんでもなく、次便の機長さんです。もちろん、その決定には地上職員の説明に左右されることはあるようです。
    不接は国航に限らずどこの会社でも起こることで、問題はそれが起きた時のフォローの差なんだと思います。
    それは航空会社のポリシーがかなり影響しますが、地上職員が航空会社とは限らないので例えば北京ですと運行会社も地上職員も国航なので「あの対応でもまだズムーズ」ですが浦東乗り継ぎだと東航が地上職員なので国航の遅延対応は格段に悪くなります。
    そんなこと考えてもきりがないので安いから、と割りきって国航修業に勤しんでいただきたいものです。
    長文失礼しました。

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    管理人さま
    国航でSINとかKULまでなんとか行って
    SINからISG/OKAとか買うと70%加算のHクラスとか安いですよ。
    アップグレードも可能ですし。(外地発の為)
    KUL発はもう泣けてくるくらい格安です。
    両方とも1年有効です。折り返し地点(この場合はOKAやISG)を過ぎてしまうと変更出来なくなっちゃうとか制約は有りますが、かなり低単価でPPが貯まります。
    暇な時でも覗いて見てみて下さい。
    (あまり広めたくはないけど、もうすでに2ちゃんとかでは実践してる人いるみたいですね^^)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とーりすがりさん
    こんばんは。
    またまた詳しい情報ありがとうございます!
    その情報量に脱帽いたします。
    解説が分かりやすく丁寧で、もし、とーりすがりさんがブログ運営されていたら、是非とも拝見させて頂きたいくらいです^^;
    お勧めする、お勧めしないは、その方の過去利用時の状況によって大きく変わりそうですが、価格重視で割り切って修行できる方は是非とも利用してみてほしいですね♪
    また、非公開コメントで頂いている情報もありがとうございます!
    非公開コメントなので内容は控えさせて頂きますが、少し調べてみましたが、まだよく理解できていないようで、そこまでお得情報を見つけられておりません。(汗)
    少し時間があるときに本格的に調べてみようと思います☆
    いろいろな情報、本当にありがとうございます。

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    管理人さん
    こんばんは。
    クアラルンプール発東京経由那覇行きは
    1年間有効でかなりびっくりするPP単価になります。
    CAの片道などで現地に入り
    現地発日本行きで修行をされるとかなり容易にPPが稼げます。
    ちなみにクアラルンプール発東京行きの1年間有効のNHのS-CLASSの値段は
    1200リンギットからで沖縄・石垣は1700リンギットになります。
    感覚的にはSINタッチの逆向きバージョンです。
    1年間有効なので計画的に連休などに休みをあわせて予約をとれば
    日本発が高い時期でもかなり安価にPPを稼げます。
    もちろん東京で途中降機も可能です。
    暇な時にでもフライトスキャナーなどで検索してみてください。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とーりすがりさん
    こんばんは。
    またまた、情報を頂いてありがとうございます。
    まだ、少し調べてみただけですが、どちらかというと効率の良いPP単価というよりも、記載頂いている他のメリットが大きい気がします。
    夏季休暇にでもゆっくり調べてみたいと思います^^;
    (とは言っても、私は先日50,000PP獲得して、修行は終了してしまったんですけどねw)
    非公開コメントで頂いているので、返信内容がさしあたりのない内容になってしまっておりますが、ご了承下さい。

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    管理人さん
    解脱おめでとうございます(笑)
    1 NH 816S 18SEP 7 KULNRT SS1 0700 1500 /DCNH /E
    2 NH 89B 23SEP 5 HNDISG SS1 0610 0905 /DCNH /E
    3 NH 92B 23SEP 5 ISGHND SS1 1455 1750 /DCNH /E
    4 NH 815S 19NOV 6 NRTKUL SS1 1715 2355 /DCNH /E
    こんな行程が本日付で49700円 です。(燃油TAX込)
    PPはHNDISGが往復4896
       KULNRTが往復5006
    この行程で9902PPでPP単価は5.02くらいになります。
    肝心なのはSクラスが確保できればなんですがね。
    ちなみにJLもまるっきり条件は同じです。(笑)
    なかなか掲示板でも出てきませんが、DIA修業の皆さんがじわじわZ-CLSのビジネスとやってる人はやってるようです。潰されやしないか心配です^^。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とーりすがりさん
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    最後の修行の旅行記仕上げてから解脱の記事を書こうと思いながら、旅行記がなかなかうまくかけずに延び延びになっています。(笑)
    スミマセン。PP単価めちゃくちゃ良かったですね。(汗)
    実は昨日1時間くらいあーでもない、こーでもないと航空券を検索して、安い航空券見つけられなかったのですが、今検索するとおっしゃる価格で普通に販売していますね^^;
    昨日は何か間違っていたのかもしれません・・・。
    これって、関東在住の方にとってものすごく有効なSFC修行な気がしてきました。
    私関東在住ならDIA修行に踏み込んでいた気がします。(笑)
    めちゃくちゃ記事にしたいですが、ここまで丁寧に教えて頂いた内容だと、とりあえず控えておきたいと思います^^;
    ※本コメント内容も、詳細は分からないようにしているつもりですが、NGであればおっしゃっていただければ削除します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です