クレジットカード2枚発行で最大53,100円相当を獲得しましょう!

ポイントサイトを利用すると、クレジットカードの発行などで現金相当のポイントが獲得できることは、一部の方の中では常識です!陸マイラーはそのポイントを利用して大量のマイルを獲得しています。もし、「ポイントサイトってよく知らないし?」って方や「陸マイラー??」って方がいらっしゃれば最初に以下のページをご覧になってみてください^^;

【ANAマイルは簡単に貯まる!!】陸マイラーのマイルの貯め方を解説!

そんなポイントサイトのお得案件の紹介はスピード感が大事!と思って、なかなか紹介が出来ていませんが、今年になってから高額案件も長く続くことが多くなっている気がします。
そこで、今日は少し長く続いている高額案件1つと、一昨日から再び急騰している超お得案件1つを紹介します。

1つ目は年会費10,800円のdカードゴールド発行で、20,500円相当のポイント+さらに利用でクレジットカード側の入会特典で最大14,000円分のキャッシュバック

2つ目は年会費無料の三井住友カードを発行+翌月までに5,000円のカード利用で、15,600円相当のポイント+さらにもっと利用するとクレジットカード側の入会特典で最大3,000円分のキャッシュバック

なんと、2つのクレジットカード発行(年会費は合計で10,800円)+5,000円のカード利用のみで36,100円相当のポイントが獲得でき、さらにもっとカード利用を利用すると、プラスで最大で17,000円分のキャッシュバック。あわせると53,100円相当のポイント、キャッシュバック獲得です!

陸マイラーならもう多くの方が発行済みのクレジットカード2枚だと思いますが、まだ発行していない方は、数十分の手間+カード利用で最大53,100円相当のポイント、キャッシュバックが獲得できるという、利用しないと損レベルの案件だと思いますので是非ともご利用ください!

 

現在のカード発行案件状況

まずは、ポイントサイトの案件を横断検索するぽい得サーチで、「カード」を検索条件として確認した結果(4/20 0時時点)をみてみましょう。

「dカードGOLD」と「三井住友VISAカード」が上位を占めていて、今はこの2枚のクレジットカードが顧客獲得に力を入れていて、超お得っていうのが一目瞭然でわかりますね。

なお、ライフメディアの「楽天カード」は20,000円と高く見えるのですが、実際には面接が必要な不動産投資案件と抱き合わせで実施する必要があるため、実質は「dカードGOLD」と「三井住友VISAカード」が独占していると言えます。

 

dカードGOLD

ポイント履歴

まずはdカードGOLD案件をみてみましょう。ぽい得サーチではポイントサイトの過去最大ポイント数の情報をグラフで表示します、情報を蓄積している2018/2/9以降のポイント履歴は以下の通りです。

ここ数日は明らかに跳ね上がってますね。(笑)

ただ、dカードGOLDは、履歴をとる前の昨年12月~1月までも高ポイントの還元を行っていました(確か最大で20,000円相当のポイント)ので、そこまで含めると今回は少しUPのみとなりますが、私が陸マイラーを始めた2年ちょっとで思い返しても過去最高ポイント数だと思います。

dカードGOLDと案件の特徴

一部繰り返しにはなりますが、案件の内容をみてみましょう。

  • dカードGOLDの新規カード発行で最大20,500円相当のポイント獲得(利用するポイントサイトによって異なる)
  • dカードGOLDの入会特典で、入会でもれなく2,000円分、ドコモ利用料金をdカード払いに設定で1,000円分、エントリー&20,000円の利用で8,000円分、エントリ&リボ設定で3,000円分のiDキャッシュバックで、最大14,000円のiDキャッシュバック
  • dカードGOLDの年会費は10,800円
  • ドコモユーザ以外も利用可能(ポイントサイトによって不可かも?)

年会費10,800円はかかるものの、ポイントサイト側の条件はカード発行のみ(2回目は当然NG)であり、iDキャッシュバックの条件もかなり緩いです。dカードGOLDはドコモユーザであれば、ドコモ利用代金の10%ポイント還元3年間10万円までのケータイ補償がつくなどドコモユーザ必携のカードでもありますので、ドコモユーザには特にお勧めします。(もちろんドコモユーザ以外の方も10,800円の年会費で30,000円相当以上もらえるのでかなりお勧めです。)

どこのポイントサイトを利用して発行するか!?

本命は、最高ポイントのすぐたまの20,500円でしょうか。すぐたまは獲得したポイントでお得にプリンスホテルに宿泊できる(5,000円相当のポイントからホテル宿泊可能)のもいいですよね。(プリンスホテルの宿泊に必要なポイント数などはこちらをご確認ください)

あとは、上記一覧には入っていませんが、モッピーECナビでも15,000円相当のポイント獲得となっています。JALマイルを貯めている方はモッピーも最有力候補でしょうし、ECナビではPEX経由でnimocaに交換すると10%ポイントのポイント還元キャンペーンなどを行っているのでそちらもありだと思います。

ただ、獲得できるポイント数は頻繁に変わるので、カード発行時にはぜひ「ぽい得サーチ」で検索して、その時のポイント還元数をチェックしてみていただければと思います。複数のポイントサイトに登録するのが面倒なんて方は、もう1つの三井住友VISAカードとあわせたポイント数でどこのポイントサイトを利用するか決めるのもいいと思います。

 

三井住友VISAカード

ポイント履歴

続いて三井住友VISAカード案件をみてみましょう。2018/2/9以降のポイント履歴は以下の通りです。

三井住友VISAカードは今年の4月に入ってから数百円の増減はあるものの、ずっと高い還元率になっています。こちらも過去2年と少しを思い返してみても過去最高レベルのポイント数だと思います。(4月に入ってから16,000円の日もあったので、それよりは微減です)

三井住友VISAカードと案件の特徴

三井住友VISAカードの案件の内容をみてみましょう。

  • 三井住友VISAカードの新規カード発行+翌月末までに5,000円(税抜き)の利用で最大15,600円相当のポイント獲得(利用するポイントサイトによって異なる)
  • 三井住友VISAカードの入会特典で、12万円の利用で2,000円キャッシュバック、iDもしくはApple Pay設定+6万円利用で1,000円分のキャッシュバック
  • 年会費は無料

ポイントサイト側の条件はカード発行+5,000円の利用とこちらも条件は緩いです。ただ、カード側の入会特典であるキャッシュバックは渋めなので、私は正直狙わなくてもいいかなと思います。ポイントサイト側で15,000円相当以上くらいのポイントが獲得できるなら十分でしょう。

どこのポイントサイトを利用して発行する?

三井住友VISAカードはi2iポイントが15,600円、げん玉が15,500円、ECナビGetMoney!ポイントタウンポイントインカムが15,000円と競っているので、このくらいのポイントがもらえるポイントサイトなら正直どこでもいいと思います!気に入っているポイントサイトを利用しましょう^^;

ただ、上述しているようにECナビはPEX経由nimocaで10%ポイント還元キャンペーンなどをやったりしているので(今回のポイント分はキャンペーン間に合わないと思いますがまたやるのではないかと思います)、そこを含めるとECナビがいい気もします。後は、陸マイラーでLINEポイントルートを利用しようとしている方は、ポイントタウンでポイント交換のショートカットを狙うというのもありですね!(LINEポイントルートについてはこちらをごらんください。)

モッピーは現在のところ13,000円と獲得できるポイント数は少しすくなくなっていますが、それでもJALマイルを貯める方であればモッピー一択な気もします。

 

最後に

さて、今回はものすごくお得なカード発行案件2つを紹介させていただきました。

まだこの2案件を実施していない方は、この機会を逃さず、是非とも最大53,100円分獲得してください(^^)/

ただし、ポイントサイト側で獲得できるポイント数は都度変動します。特に今回のdカードGOLDのように複数のポイントサイトが高騰している場合は、ポイントサイト同士の競争で一日に何度も獲得ポイント数が変わったりもします。

カード発行時にはどこのポイントサイトでどのくらいポイントが獲得できるのか!?ということを確認の上、どこのポイントサイトを利用するかご検討ください!ポイント数の確認はリアルタイムでポイントサイトを横断検索する「ぽい得サーチ」をぜひご利用くださいね♪

ぽい得サーチ