アシアナ航空A380ファーストクラスに搭乗しました!搭乗記!!~特典ファーストで行くモロッコ旅行⑥~

2018年10月のモロッコ旅行の際に、ソウルーフランクフルト間にて、アシアナ航空のファーストクラスに搭乗してきました!

昨年利用したANA、タイ国際航空のファーストクラスに続いて、3社目、4度目のファーストクラス搭乗でしたが、やはりファーストクラスに搭乗するとかなり気持ちが高まりますね(^^)/

飛行機のファーストクラスは、一区間のみで数十万円~百万円以上もする普通の会社員にはなかなか手が出ないものですが、陸マイラーには現実的に手が届く、一つの目標となり得る特典航空券ですので、ファーストクラスに乗ってみたい!という方はぜひともマイルを貯めてみてください^^;

なお、ファーストクラスに搭乗可能なマイル数は、ほとんどの方は頑張れば1年以内で貯めることが可能です。マイルの貯め方を知らないという方は、こちらの記事にまとめていますので、そちらを参考にチャレンジしてみてください。

今回のファーストクラスはソウル12:00発、フランクフルト22:30着(現地時間16:30着)の約10時間半のフライトを楽しんできました^^;

ファーストクラスの機材、座席

アシアナ航空のソウルーフランクフルト間で利用する機材は、飛行機好きの方に強い人気を誇るA380という総2階建てのジャンボ機です。

A380は本当に大きい飛行機です!飛行機好きでなくてもA380を見れば「すげー大きい飛行機!!」とテンションが上がると思います。

アシアナ航空A380のファーストクラスは1階にあり、1-2-1のシートで3列分、合計12席がファーストクラスの座席として用意されています。

ファーストクラスの座席位置は、昨年利用したタイ国際航空A380のファーストクラスは2階にあったりと、航空会社によって様々ですが、個人的には2階にあったほうがテンションがあがります^^;

ファーストクラスの機内です。この日は私含めて3名のみの利用でしたが、この広い空間に乗客が3名しかいないというのは何とも贅沢なようなもったいないような感じです。

今回私が利用したシートは1A。1Aはとても人気のある座席で、通常はVIPなどのためにブロックされていることも多い座席です。

私は事前にWeb上から座席指定した時には、1Aはブロックされていて予約できずにいましたが、仁川国際航空のプレミアムチェックインゾーンでのチェックイン時に「お客様は別なお席を予約しておりますが、よろしければ1Aはいかがでしょうか?」とグランドスタッフさんから提案していただいたので、ありがたく1Aを利用させていただきました。

今回利用した座席をいろいろな角度から撮ってみました。完全個室ではありませんが、とても広くプライベート感のある贅沢な空間となっています。座席には簡単なドアがついていて閉めることもできますので、就寝時などは一人の空間でゆっくりと寝ることができます。

なお、アシアナ航空のA380のファーストクラスはシートピッチは83インチ(210.8cm)、幅は22インチ(55.8cm)です。ANAのファーストクラスのシートピッチは195.5cm、幅は54.6cmですので、幅は思ったより差がありませんでしたが、A380のジャンボ機だけあってシートピッチも幅もANAのファーストクラスより広い設計となっています。

身長180㎝以上の私が座ってこんな感じです。かなり余裕ですね。

座席にはハンガーをかける収納もあります。ただし、ここにはあまりたくさんは入らないので、少し厚めの上着などは別途CAさんに預かってもらいます。

機内には、パジャマも準備されています。長時間のフライトでパジャマで過ごせるのはとても楽で助かります。なお、こちらのパジャマ、ANAのファーストクラスなどと同様に持ち帰ることができますので、スーツケースにはパジャマ(と、アメニティでもらうポーチ)を入れるスペースを忘れずに確保しておくようにしましょう。

こちらがファーストクラスのトイレです。搭乗してすぐにこちらのトイレでパジャマに着替えさせていただきました。

ウォッシュレットがついていなかったのは少し残念でしたが、かなり広々としていて、さらに便座のふたを下げると長椅子のようになるので、ゆっくり着替えることができます。

着替えを終えた後はウェルカムドリンクをいただきました。

ウェルカムドリンクはドリンクメニューの中から自由に選ぶことができたのでシャンパン(ローラン ペリエ)をお願いしましたが、ファーストクラスで提供されるシャンパンとしてはもうひと頑張りしてほしい感じでしょうか。

スリッパはビジネスクラスよりちょっといい感じでした。ANAと違ってケースがしっかりしていて持ち運びもしやすいと思います。

ヘッドホンはBOSEのノイズキャンセリング。でしたが、あんまよくない感じなのかな。普段ノイズキャンセリングを利用していないのでよくわかりませんが、昨年利用したANAのノイズキャンセリングと比べると、あまりノイズをシャットダウンしてくれなかった気がします。

モニターは32インチと大きいです! ソウルーフランクフルト間のフライトですが、映画は日本語で観ることもできますので、大型モニターは大活躍です。私は今更ですがスターウォーズ/最後のジェダイを観ながらゆっくりと過ごしました^^;

リモコンはタッチパネルで4ヵ国語から選択できます。こちらも日本語が利用できるのでとても助かります。アシアナ航空のインフォメーションには機材や上級会員制度の紹介などがあって、けっこう面白かったです。

ちなみに、タッチパネルの反応もとてもよくて使いやすいです。

座席には自動シートコントロールがついており、食事や映画を観るとき、就寝時など、タッチパネルで簡単にシートを設定できました。すごく使いやすかったです。

その他、写真は撮り損ねましたが、充電用のUSBもついており、旅行前にスマホ、カメラの充電ができたので助かりました。ただ、機内wifiはなかったようですので、そこは少し残念ですね。

食事

昼食

さて、離陸して1時間弱、ファーストクラス一番の楽しみといってもいい機内食です。ファーストクラス利用時は、昼便の場合はフルコースメニュー、深夜便は軽食となりますので、深夜便ではなく昼便の利用をお勧めします。今回はソウル12:00発の昼便でしたので、フルコースのメニューをいただきました。

フルコースのメニューは洋食と韓国食の2種類から選ぶことができました。私は洋食を選択しましたが、韓国食のアワビもなかなか気になります。

食事が運ばれてくる前にまずはドリンクメニューからシャンパンをいただきます。

ウェルカムドリンクとは変えて、バロン・ド・ロスチャイルドにしてみました。まぁ、正直なところシャンパンよくわからないので別に構わないのですが、市場価格だけを後から調べてみると、こちらもファーストクラスとしてはもう少し頑張ってほしい銘柄って感じでしょうか^^;

ツナとオリーブが入ったビーフロール。見た目は寂しいですが、おいしいです。

ファーストクラスのフルコースメニューといえばキャビア!!テンションあがりますね!私はファーストクラスくらいでしかキャビアを食べる機会はありませんが笑。もちろん絶品でした♪

ちなみに、キャビアを食べるときに金属製のスプーンを利用するとキャビアの繊細な風味が損なわれてしまうため、金属製のスプーンは利用してはいけないようですね。ちゃんとキャビア用のスプーンがついていたので、そちらを利用しておいしくいただきました。

鴨のテリーヌ、こちらはまずまずといった感じ。他の2種類はサラダだったため鴨のテリーヌを注文してしまいましたが、改めてメニューを見るとロブスターサラダのほうがすごく気になります。(笑)

根セロリのクリームスープ。これは私の苦手なもの(オリーブとかマッシュルームとかだったかな?)が入っていたので、私的にはイマイチ。(笑)

お口直しのシャンパンシャーベット。特にコメントなし。

メインディッシュの牛ヒレ肉のステーキ。焼き加減はレアで、お肉も柔らかくおいしかったです!ポレンタはそんなでもなかったと思います。

本当はこの後に、チーズ、デザート(柚子チーズケーキ or アイス)、コーヒー、生チョコレートがつく予定でしたが、かなり満腹になり、ここでコースメニューをストップしてしまいました^^;

一応、「また後でお願いします」と言ったのですが、あまりお腹も減らずに寝てしまったので、結局食べないで終わってしまいました。残念。

軽食

軽食は睡眠の後、フランクフルト到着の2時間前くらいに用意していただきました。

軽食も洋食、韓国食から選ぶことができます。やはりアワビが気になるところですが、今回も洋食を選びました。

スカンジナビアの魚料理のひとつ、グラブラックス。サーモンはとてもおいしかったです!

メインディッシュは貝柱のフェットチーネを選択。機内で食べるフェットチーネはどうだろう??と思っていましたが、こちらも普通においしかったです。

デザートのブルーベリーチーズケーキ。濃厚で絶品でした!このチーズケーキがこんなにおいしいと、昼食で柚子チーズケーキを食べ損ねたことを後悔してしまいます。(笑)

コーヒーがちょっと余ったので、チョコレートを出していただきました。柚子チーズケーキをお願いすればよかったかな…とやはり後悔。(笑)

間食

昼食のフルコースメニューを途中でストップしたくらいなので利用しませんでしたが、こちらの間食はいつでも注文することができます。

年のせいか以前より食べれなくなったのと、無理してまで食べなくなったので、機内でたくさん食べれる人が羨ましい限りです^^;

アメニティ

アメニティはフェラガモのソフトケースのポーチでした。

ANAやタイ国際航空のファーストクラスではハードケースのポーチ(ANAはサムソナイト、タイ国際航空ではRIMOWA)でしたが、ソフトケースのポーチもなかなかいいですね♪

中身はこんな感じでした。タスカン ソウルというのはフェラガモで出している化粧品のようですね。

その他、こんなものも頂きました。

何だろう?と思いましたが中身は簡易バックでした。

エコバック程度のものですが、旅行中は何かと役に立つアイテムで嬉しいですね。

最後に

今回はフランクフルト空港で乗り継ぎ6時間、その後、モロッコ深夜着で朝まで空港で待機、そのまま翌日移動というハードスケジュールだったので、お酒はシャンパン3杯のみに控え、睡眠もちゃんととるという少しもったいない感じのファーストクラス利用でしたが、それでもとても快適で満足のいく空の旅でした!

去年、今年で3社のファーストクラスに搭乗して、個人的には正直ANAのきめ細やかなサービスが一番と感じていますが、アシアナ航空のファーストクラスもとても良かったです(^_^ゞ

特典航空券の取りやすさからいくと、アシアナ航空のファーストクラスは他社より抜きん出て取りやすいと思います。「ファーストクラスの特典航空券は空席がほとんどなくて予約出来ない!」なんて場合は、ソウル経由でアシアナ航空のファーストクラスを利用すること検討してみてはいかがでしょうか!?

なお、アシアナ航空のファーストクラスだと、ソウル-フランクフルト間で片道45万円くらいと比較的リーズナブルなほう?なので、マイル価値は5円くらい~(他区間の予約にもよります。ソウル-フランクフルト間のみで往復90万円程度/必要マイル数18万マイル)となります。

マイル価値を追求したいという場合は不向きかもしれませんが、かなりお得に利用できていることには間違いないので、あまりマイル価値は気にせずに利用するのもいいと思いますよ♪

おまけ

以下は昨年利用したANA、タイ国際航空のファーストクラス搭乗記となります。よろしければそちらもご覧になってみてください^^;

【特典ファーストで行く欧州旅行記①】ANAファーストクラスを堪能!!ラウンジ、ダイニングhから搭乗まで全てお見せします!

【特典ファーストで行く欧州旅行記⑦】タイ国際航空のファーストクラス搭乗!!パリとバンコクのファーストクラスラウンジも!

マイルを利用してファーストクラスでヨーロッパに行くのに必要なマイル数は、アシアナ航空(提携航空会社)を利用する場合は往復で18万マイルです。

今回私は往路がファーストクラス利用、復路はビジネスクラス利用としたため利用した必要だったマイル数は13万5千マイルとなりますが、これは陸マイラーで地道に活動すれば1年もかからずに貯めることができるマイル数ですので、ファーストクラスに興味があれば是非ともマイルを貯めてみてはいかがでしょうか!?

【ANAマイルは簡単に貯まる!!】陸マイラーのマイルの貯め方を解説!

スポンサーリンク