ANA特典航空券 モルディブは取りやすい!?でも、旅費は高額になるため要注意!

2020年夏休みにANA特典航空券でモルディブ旅行を発券しました。ANA特典航空券でのモルディブは355日前であれば、繁忙期(夏休み)でも比較的予約しやすいビーチリゾートで、少なくとも繁忙期のハワイやグアムなど狙うよりはよほど予約しやすいと思います。

しかしながら、特典航空券を発券した後で、改めて滞在費など計算してみたところ、モルディブ旅行は特典航空券を利用してもかなり高額になることがわかりましたので、今回はその内容をシェアしたいと思います。

なんとなく「特典航空券を利用してモルディブ旅行に行ってみたい!」と思っている方は、ぜひとも一度お読みになっていただければと思います。

ANA特典航空券でのモルディブ発券

ANA特典航空券で繁忙期の国際線人気路線を予約するためには航空券の予約が開始される往路の予約開始日(往路の355日前の朝9時)に往路-復路同一日で予約し、復路は復路の予約開始日(復路の355日前の朝9時)に日程変更するというのが(本気で予約する方たちの)一般的な発券方法です。

ただし、この方法は

  • 復路が予約できない(日程変更ができない)リスクがある
  • 地方在住の場合は国内線区間をつけることが難しい(往路-復路同一日でかつ国内線までつけるのは時間的に厳しい、国内線にちょうどいい時間があっても予約までのスピードが遅くなってその間に空席がなくなるなど)

といったデメリットがあるため、私は今まで355日前の争奪戦に参加したことはありませんでした。

ところが、来年のお盆の特典航空券争奪戦が始まる少し前くらいに、何気なく2020年のお盆付近のモルディブの特典航空券の空席をみてみたところ、なんと往路は東京発であれば家族4人で複数日空席がありました。(ちなみに地方発だと国内線区間が空いていない)

そうなると復路の一発勝負となり、復路の予約変更ができないというリスクもなくなるため、来年のお盆の時期に特典航空券の発券にチャレンジしてみた結果、何とかモルディブ行きの航空券を予約することができました。

確保できたモルディブ特典航空券

旅程① 2020年8月2週目(復路の355日前に発券)

往路は複数日空席があり出発日の調整が可能だったため、4日ほど355日前の朝9時にWebからの予約をチャレンジしてみましたが、復路に国内線をつけようとしたり(往路の国内線はすでに空席なし)、操作をミスったりしたこともあり、復路355日前発券で予約成功したのは1日だけでした(マレ→シンガポールの空席がすぐに埋まってしまって予約が取りにくい感じでした)が、競争率は低めな感じがしました。

何日か失敗してるうちに往路の空席も減ってしまい、確保できた航空券はジャカルタ経由になって諸税も高くなってしまいましたが、8月2週目(お盆の週)にリスクなしでモルディブ特典航空券確保は嬉しいですよね。

旅程② 2020年8月1週目(復路の発券可能日から1週間くらい経過してから発券)

旅程①の特典航空券を確保してから、ふと8月1週目に夏季休暇をとれないこともないかも?と思って、8月1週目も調べてみたところ、選べる便はほとんどなかったものの、それでも家族4人、希望する日数で予約することができました。

ハワイだと355日前の争奪戦でも激戦ですが、モルディブでは夏休み期間中に予約開始から1週間くらいしてからでも予約できたことにびっくりです。(ただし、モルディブは雨期にあたるので、季節的にあまりよくありません)

子供にはちょっとツラい旅程ですが、仙台発着であり、さらにおまけの沖縄旅行(片道)までつけることができています。子供が元気ならシンガポールと台湾もちょっとした散策くらいはできそうです。

特典航空券を発券した2019年8月は燃油サーチャージが高いため諸税も高くなっていますが、燃油サーチャージが安くなった時に沖縄旅行の日程変更を行えばサーチャージを下げることも可能です。

ここまで特典航空券が発券できたところで、ようやくモルディブの滞在費ってどのくらいかかるんだっけ?ということを調べてみました。笑

特典航空券を利用してモルディブ旅行はいくらかかる?

10年以上前に新婚旅行でモルディブに行ったことがありますが、その時はオルベリ(本記事内で利用している写真はすべてオルベリです)という比較的リーズナブルなリゾートのデラックス水上コテージを利用して、オールインクルーシブ(食事、送迎など込み)で一人25万円弱程度だった記憶があります。

モルディブはホテルが高いとは思っていましたが、航空券を自分で手配すれば一泊5万くらい、マリオット系列のホテルにポイント宿泊すればかなり格安で利用できるのかな?と思っていましたが、それは少し甘い見通しだったようです。

マリオット系ホテルに宿泊

ポイント宿泊

モルディブにはマリオット系列のホテルは

  • ウェスティン・モルディブ・ミリアンドゥーリゾート
  • セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート
  • Wモルディブ
  • シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ
  • JWマリオット・モルディブ・リゾート&スパ

の5つがあります。

ホテル カテゴリ 場所 マレ空港送迎
ウェスティン・モルディブ・ミリアンドゥーリゾート カテゴリー7 バア環礁 水上飛行機(約30分)
12歳以上:$550
2~11歳:$275
セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート カテゴリー8 ダール環礁 水上飛行機(約45分)
12歳以上:$695
2~11歳:$399
Wモルディブ カテゴリー8 北アリ環礁 水上飛行機(約25分)
$505
シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ カテゴリー6 北マーレ環礁 スピードボート(約15分)
$136
JWマリオット・モルディブ・リゾート&スパ カテゴリー8 シャヴィヤニ環礁 水上飛行機
12歳以上:$600
2~11歳:$360

※無料宿泊に必要なポイントは以下の通りです。
カテゴリー6 オフピーク:40,000、通常:50,000、ピーク:60,000
カテゴリー7 オフピーク:50,000、通常:60,000、ピーク:70,000
カテゴリー8 オフピーク:70,000、通常:85,000、ピーク:100,000

マリオットのポイントで無料宿泊しても上記一覧を見てわかるように、マレ空港からの送迎の料金が、半端なく高いです。

マレ空港からの送迎はスピードボートで移動できるシェラトンは一人往復$136です。子供料金の設定がよくわかりませんが、他リゾートと同じように半額程度で考えると、家族(大人2名、子供2名を想定)で4万5千円くらいとなりそうです。

その他のリゾートは水上飛行機の移動となり、家族4人だと16万~24万くらいはかかりそうですね…。水上飛行機での移動は憧れるところはあります(うちの妻からは子どもが怖がるからなし!と意見を頂きました)が、ホテル宿泊料とは別でこの金額は強烈です^^; ちなみに水上飛行機は日中だけなので、SQ便で夜着の場合は、当日中に移動することができるのはシェラトンのみでその他のリゾートの場合はマレで1泊してから移動することになります。

また、モルディブは非常に物価が高い国です。ざっと調べる限り、家族で食事をする場合、最低限でも1食1万円以上はかかりそうです。例えば4泊の場合は最低でも10万円程度は見込んでおいたほうがよさそうです。

その他、マリンアクティビティ、スパ、飲み物、お土産などでどんなに少なくとも5万円~10万円くらいはかかるでしょうか。特典航空券の諸税も6万円くらいはかかっているため、簡単にまとめると以下のような感じになります。

ホテル 費用(4泊を想定)
特典航空券(マイル) 152,000マイル
特典航空券(諸税) 58,000円~76,000円
ホテル(ポイント)
※4泊、通常ポイント
200,000ポイント~
340,000ポイント
ホテル(送迎) 45,000円~240,000円
食費 100,000円~
マリンアクティビティ等 50,000円~100,000円くらい?

特典航空券(152,000マイル)、マリオットのポイント(20万ポイント以上)を使用した上で、手出し25万円~50万円くらいはかかりそうです。

なお、子どもの添い寝についてシェラトンモルディブにだけ問い合わせしましたが、子どもの添い寝は無料(Green Taxのみ1泊$6かかる)とのことでした。

有償宿泊

マリオット系列の有償宿泊についても確認してみます。例えば2ヶ月後の料金をみるとこんな感じです。

シェラトン以外のリゾートは有償ではとても手がでないので、シェラトンでもう少し調べてみます。シェラトンは1年先とかは非常に高額(1泊$700くらい)で、徐々に安くなっていって数ヶ月前に最安値の$300以下くらいになるようです。

上記画像でみるとシェラトンは1泊28,065円と表示されていますが、実際、キャンセル可能料金で予約しようとすると以下のような感じになります。

こちらは大人2名で検索した結果ですが、約20万円。うーん、なかなか高い。。。1泊3万円以下で予約できるかなと思って進むと、がっかりします。まぁ、シェラトンの有償の場合は朝食付きなのと、上記画像のローカル料金はマレ空港送迎料金だと思いますので、その分はかかりませんが、先ほどのポイント宿泊の時の一覧の他料金(食事、諸税、マリンアクティビティ等)と合わせて考えると、特典航空券(152,000マイル)、手出し35万円~40万円って感じでしょうか。(子供料金がどのくらい追加になるかは?です)

マリオット系ホテル以外

モルディブはリゾートが多いため、選択するリゾートで千差万別です。例えば、マレに宿泊すれば費用を抑えることもできますし、高級リゾートに宿泊すれば非常に高額になります。

どのようなプランにするか様々なので、マリオット系以外のホテルの調査は割愛しますが、リゾートに宿泊する場合は、シェラトンはだいぶリーズナブルなほうのホテルですので、リゾートに宿泊する場合は、航空券以外でも手出し40万円くらいはかかると思っておいたほうがよいと思います。

最後に

特典航空券で発券できるということで浮かれてモルディブ発券してみましたが、思ったより費用がかかってしまうことが分かったので今回記事にさせていただきました。

ただ、費用がかかるとは言え、モルディブの非日常感は半端ないですし、海もかなりキレイです。私はダイビングでオーストラリアのグレートバリアリーフやタイのタオ島、パラオ、グアム、沖縄、フィリピンなどで潜ってますが、モルディブがダントツで良かったです。(海のコンディションにもよります)

モルディブは行って満足するリゾートだと思いますので特典航空券の旅行もお勧めはしますが、費用はかなりかかることを覚悟して特典航空券を確保することをお勧めします。

最後、おさらいです。

モルディブ特典航空券
  • 355日前の予約であれば意外と特典航空券をとれる
  • 特典航空券+マリオットのポイント宿泊の場合、家族4人で特典航空券(152,000マイル)、マリオットのポイント(20万ポイント以上)を使用した上で、手出し25万円~50万円くらいはかかりそう
  • 特典航空券+有償宿泊の場合、家族4人で特典航空券(152,000マイル)、手出し35万円~40万円くらいはかかりそう

 

スポンサーリンク