コスパ最高のクレジットカード「SPGアメックス」!!初年度からカード年会費のもとはとれる!

SPGアメックスは年会費が31,000円+消費税と一般的には高額なクレジットカードですが、2016年頃から旅行好きな方の中で一番人気となっているクレジットカードです。

私もその年会費の高額さゆえに発行を迷いましたが、いろいろ悩んだ末に2017年の2月にSPGアメックスを発行しました。それから3年以上もずっとメインカードとして利用していますが、やはり旅行好きな方、高級なホテルにお得に宿泊したい方には最強のクレジットカードだと思います。

本記事ではSPGアメックスの魅力と、私が年会費30,000円以上もするクレジットカードを発行した理由について紹介していきます。

SPGアメックスの評判は!?驚異的な満足度!【実態アンケート結果】

SPGアメックスとは?

SPGアメックスは2013年に登場したクレジットカードで正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

もともとはスターウッド プリファードゲスト(SPG)とアメックスが提携したクレジットカードでしたが、2016年に大手ホテルチェーンのマリオットがSPGを買収したことによって現在では世界最大手のホテルチェーンであるマリオットのクレジットカードです。マリオットのSPG買収によって利用可能なホテルが格段に増え、また、その特典のすばらしさから人気が一気に爆発したクレジットカードとなります。

SPGアメックスは発行するだけでマリオット系列(マリオット、リッツカールトン、シェラトン、ウェスティンなど)の高級ホテルの上級会員(ゴールドエリート)になることができ、また、カード継続特典として高級ホテルの無料宿泊をプレゼントしてもらえたりとお得なクレジットカードですが、最初に特徴を簡単にまとめると以下のような感じです。

SPGアメックスの主な特徴
  • 年会費は31,000円+消費税
  • 紹介プログラムを利用して入会すると39,000ポイント獲得できる
  • カード継続ボーナスでマリオット系列ホテルへの無料宿泊(50,000ポイントまでの無料宿泊)をもらえる
  • マリオットのゴールドエリートの資格を得ることができる
  • 100円利用で3ポイント還元(マリオット系列のホテル利用の場合は6ポイント+ゴールドエリートで1米ドル毎に12.5ポイント)でポイントがめちゃくちゃ貯まる
  • マリオットのポイントプログラムが超優秀(40社以上のマイルに交換可能、高級ホテルに無料宿泊可能)
  • アメックスのゴールドカードのベネフィットも受けることができる

 

年会費、入会方法、カード継続ボーナス

年会費:31,000円+消費税

SPGアメックスの年会費は冒頭で触れているとおり、31,000円+消費税と一般的にはかなり高額なクレジットカードです。

私自身、SPGアメックス発行前までクレジットカードの年会費に1万円以上支払うことなんてばからしいと思っていましたし、多くの方にとっては敬遠したくなるような年会費だと思います。が、SPGアメックスはその年会費以上のベネフィットがあり、私は迷った末発行してよかったと思っています。また、今後もベネフィットが大きく変わらない限り継続して所有し続ける予定です。

SPGアメックスの年会費は初年度からかかってきます(初年度年会費無料などのキャンペーンはない)が、入会時にもらえるボーナスポイントとSPGアメックスのカード継続ボーナスでの無料宿泊で年会費分をペイすることができ、その上でSPGアメックスの特典を利用できると考えて発行する方が多いようです。

お得な入会方法

SPGアメックスをお得に発行する方法はポイントサイト経由か、紹介プログラムをを利用するかの2通りしかありません。

SPGアメックスのお得な発行方法
  • ポイントサイト経由でSPGアメックス発行:33,000ポイント+カード10万円利用分の3,000ポイント+ポイントサイトのポイント2,000円分
  • 紹介プログラムを利用してSPGアメックス発行:33,000ポイント+カード10万円利用分の3,000ポイント+紹介プログラム6,000ポイント

ポイントサイト経由でSPGアメックスを発行する場合、(一時期は10,000円相当のポイントが獲得できた時期もありますが、)現在は2,000円相当のポイントしか獲得できません。

が、紹介プログラムを利用すると6,000ポイントもらえるため、SPGアメックスの発行は、紹介プログラムを利用して発行するのが一番お得です。紹介プログラムを利用して入会後3か月以内に10万円以上の利用し、39,000ポイント(10万円利用分の3,000ポイント含む)を獲得するようにしましょう。

SPGアメックスの紹介プログラムは知り合いから紹介してもらうのがよいですが、もし身の回りにSPGアメックス保有者がいらっしゃらない場合は、以下よりお気軽にご連絡ください(名前はニックネームでかまいません)。紹介プログラム用のURLを24時間以内に送付させていただきます。

※アメックスでは不特定多数の方への紹介は禁止されています。たまにブログなどに直接リンクを貼っている方もいらっしゃいますが、紹介プログラム規約違反となっていますのでご注意下さい。

カード継続ボーナス

無料宿泊プレゼント(50,000ポイントまで)

SPGアメックスを2年目以降も継続する場合、カード継続ボーナスとして世界各地のマリオット系列のホテルで利用できる1泊1室の無料宿泊特典(50,000ポイントで宿泊可能なホテルへの宿泊)をもらうことができます。

マリオットのカテゴリーは1~8まであり、カテゴリー毎に宿泊に必要なポイント数が異なります。

宿泊に必要なポイント数については後述していますが、カード継続ボーナスの無料宿泊特典(50,000ポイントまで)で宿泊可能なのは、カテゴリー6(大阪マリオット都ホテル、オキナワ マリオット リゾート&スパなど)の標準シーズン、カテゴリー7(セントレジスホテル大阪、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートなど)のオフピークまでです。

カテゴリー6、カテゴリー7のホテルでは、宿泊する日によっては一泊5万円以上もする高級ホテルが多数含まれています。SPGアメックスの年会費は31,000円+税ですので、年に1回くらいは高級ホテルに宿泊したいという場合は、これだけで十分元が取れてしまいます。

2016年にマリオット、SPGが統合したことによって無料宿泊で利用できるホテルが一気に増えたところが嬉しいです。日本国内のホテルであれば、こちらの記事で一覧を掲載していますので、よろしければご覧ください。

無料宿泊特典の大きなポイントとしては「祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、 無料宿泊特典が利用できる」ところです。2019年からピーク時の設定が行われ、繁忙期の利用には必要ポイント数がアップしてしまいましたが、それでも繁忙期の宿泊料金と比べると、ポイント宿泊はかなりお得で、重宝される特典です。

私は最初の継続特典ではクリスマス直前の3連休の真ん中の日にシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、2回目の継続特典では令和元年のGWにシェラトン沖縄サンマリーナリゾートに宿泊といずれも通常料金が5万円以上の日に無料宿泊しました。(残念ながら両ホテルとも今はカテゴリー7に上がってしまっており、オフピーク時しか宿泊できなくなっていますが…)

なお、お子さんがいらっしゃる場合はポイント宿泊時の子どもの取り扱いについて気になるところだと思います。子どもの取り扱いはホテルによって異なってきますが、日本国内のホテルでは12歳以下の子どもであれば添い寝扱いで無料宿泊として利用できるホテルが多く、小学生までのお子さんであれば追加料金なしで宿泊できるところが多いです。子ども入れて3名以上で利用する場合は、子どもの添い寝について電話で確認&予約するようにしましょう。(Webから予約する場合、子ども人数も含めて検索すると空室なしとなることが多いため、私はいつも大人2名で予約してから電話で添い寝を追加するようにリクエストしています。)

カード継続ボーナス2:5泊分の宿泊実績

SPGアメックスは発行するだけでマリオットのゴールドエリートになることができますが、こちらはゴールドエリートよりさらに上のプラチナエリート以上を獲得するために必要な宿泊実績のプレゼントです。

マリオットの会員制度には

マリオットの会員制度
  • 通常会員
  • シルバーエリート(年間10泊以上)
  • ゴールドエリート(年間25泊以上)
  • プラチナエリート(年間50泊以上)
  • チタンエリート(年間75泊以上)
  • アンバサダーエリート(年間100泊以上+2万ドル以上利用)

の6つがあります。

プラチナエリート以上になるためには年間50泊以上する必要があり、その資格に必要な宿泊実績の獲得です。プラチナエリートで50泊以上しなければいけませんが、そのうちの5泊分だとかなり助かります。

※プラチナエリートになる方法として、1回だけはプラチナチャレンジ(宣言月を含む4か月以内に16泊でプラチナエリートになることができる)を行うことも可能ですが、通常は50泊以上の宿泊が必要になります。

 

マリオットの優秀なポイントプログラム!

SPGアメックスではクレジットカード利用代金100円ごとに3ポイント獲得できます。

SPGとマリオットのプログラム統合前の2018年7月までは100円の利用で1スターポイントの獲得でしたが、もともと1スターポイント=3マリオットリワードポイントでしたので、旧プログラムと同一レート(2018年8月よりマリオットのポイント数に統一)であり、基本的な還元率は1%相当のクレジットカードと言えます。

が、私は貯めたポイントをホテルの無料宿泊に利用するのであれば、1ポイント=0.5円~1円以上の価値があると考えていますので(宿泊ホテル、時期にもよりますが、1ポイント=1円以上として利用できるケースが多数あります)、貯めたポイントを宿泊に利用する場合は、還元率1.5%~3%以上の高還元率のクレジットカードとも言えると思っています。

また、マリオット系列(SPG含む)のホテルで利用する場合は100円ごとに6ポイント獲得できる上でマリオットゴールドエリートのボーナスポイント(25%)も付与されるため、マリオット系列のホテルで利用する場合は超高還元率のクレジットカードとなります。

例えば、マリオット系列(SPG含む)のホテルに宿泊し、SPGアメックスで決済した場合、

  • ①SPGアメックスの支払いでもらえるポイント:100円ごとに6ポイント
  • ②マリオット会員でもらえるポイント:1米ドルごとに10ポイント
  • ③ゴールドエリートでもらえるポイント:②のポイント25%ボーナス

が獲得できます。

10,000円の支払い(1米ドル=110円)とすると、合計で1,736ポイント(①で600ポイント、②で909ポイント、③で227ポイント)獲得でき、およそ17%の還元率となります。

次からは、SPGアメックスで獲得できるポイントの大変魅力的なポイントプログラムの内容ついて紹介していきます。

ポイントをマイルに交換!

マリオットのポイントはANAやJALをはじめ、多くの航空会社のマイルに3ポイント=1マイルのレートで交換することができます。

SPGアメックス利用代金100円ごとに3ポイント獲得でき、3ポイントが1マイルに交換できるので、通常時はマイル還元率の1%クレジットカードです。しかしながら、60,000ポイントを一度に交換すると5,000マイルのボーナスマイルが付与されるため、60,000ポイントの交換で25,000マイルに交換となり、マイル還元率は1.25%にまで上げることできます。

ただ、マイル還元率1.25%もまずまずではありますが、すごく良いという還元率でもありませんよね。SPGアメックスで貯めたポイントをマイルに交換する際の価値は、その還元率ではなく、

  • 各航空会社(40社以上)のマイルに交換できる
  • ポイントの有効期限は実質無期限

という点であり、その上で1.25%の還元率を有しているというところです。

マイルに交換可能な航空会社と交換レート

マイルの交換先にはシンガポール航空やエミレーツ航空(ファーストクラスが超豪華)、ブリティッシュエアウェイズ(JALの国内線利用がお得)、ユナイテッド航空(ANAの国内線利用がお得)、アラスカ航空(JALの東南アジアのビジネスクラス利用がお得)など魅力的なマイレージプログラムがたくさんあります。

ポイントからマイルに交換できる航空会社のマイレージプログラムと、交換時のレートは以下となります。

マイレージプログラム移行比率
(ポイント:マイル)
エーゲ航空3:1
アエロフロート ・ ロシア航空3:1
アエロメヒコクラブプレミア3:1
アエロプラン/エアカナダ航空3:1
中国国際航空3:1
エールフランス航空フライングブルー3:1
ニュージーランド航空エアポインツ200:1
アラスカ航空マイレージプラン3:1
アリタリア航空ミッレミリア3:1
ANAマイレージクラブ(全日空)3:1
アメリカン航空アドバンテージ3:1
アシアナ航空3:1
アビアンカ航空3:1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ3:1
エアアジアマイル3:1
中国東方航空3:1
中国南方航空スカイパールクラブ3:1
コパ航空3:1
デルタ航空スカイマイル3:1
エミレーツスカイワーズ3:1
エティハド航空3:1
フロンティア航空3:1
海南航空3:1
ハワイアン航空3:1
イベリア3:1
日本航空(JAL)マイレージバンク3:1
ジェットエアウェイズ3:1
ジェットブルー航空6:1
大韓航空3:1
ラタム航空ラタムパス3:1
ルフトハンザ航空3:1
Multiplus3:1
カンタス航空3:1
カタール航空3:1
サウジアラビア航空3:1
シンガポール航空クリスフライヤー3:1
南アフリカ航空3:1
サウスウエスト航空3:1
TAP ポルトガル航空3:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス3:1
ターキッシュ エアラインズ3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス3:1.1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ3:1
ヴァージンオーストラリア3:1

ポイントの有効期限

SPGアメックスで貯めたマリオットのポイントは最後にポイント獲得した日から1年間経過した場合に失効します。少額でもSPGアメックスでクレジットカード決済を利用していれば毎月ポイント獲得できるため、ポイントは実質無期限と同じことになります。

各航空会社のマイルに自由に交換できるポイントが、実質無期限で保有できるという点は大変魅力的です。

ポイントを宿泊に利用!

ポイントはマリオット系列(リッツカールトン、SPG含む)ホテルのプログラムですので、当然ポイント宿泊にも利用でき、上述しているようにとてもお得にホテル無料宿泊できます。ポイントを宿泊する際の主な内容をみてみましょう。

  • 宿泊に必要なポイント数はホテルのカテゴリー、利用シーズンによって異なる
  • 4連泊すると5泊目が無料
  • 宿泊税とサービス料も含んでいるため支払い不要

無料宿泊に必要なポイント数は以下表の通りです。(2018年8月より変更となっています)

カテゴリー標準オフピークピーク
17,5005,00010,000
212,50010,00015,000
317,50015,00020,000
425,00020,00030,000
535,00030,00040,000
650,00040,00060,000
760,00050,00070,000
885,00070,000100,000

カテゴリー8のホテルの場合は標準でも85,000ポイントと高いポイント数が必要となりますが、カテゴリー7以下のホテルであれば、けっこうお得に利用可能です。日本国内のマリオット系列ホテルについては、以下のページでまとめてますので、よろしければご覧ください。

2020年マリオットボンヴォイの日本のホテル一覧!参考価格&料金カレンダーへのリンク集!

また、ポイントはキャッシュ&ポイントという形で宿泊代金の支払いの一部にあてることも可能です。3,500ポイント&55米ドルから利用できるため、ポイントが不足している場合や、ポイントを温存したいけどキャッシュも少しおさえたいなどといった場合に有効活用できます。

SPGアメックスで獲得できるポイントプログラムについてまとめると以下となります。

マリオットボンヴォイのポイントプログラムのポイント!
  • ポイントの有効期限は実質無期限
  • マイル還元率が1.25%(40社以上の航空会社のマイルに交換可能)
  • 高級ホテルに無料宿泊可能(ホテル宿泊の場合はSPGアメックスの還元率は1.5%~3%程度の価値)

 

マリオットのゴールドエリートになれる!

ゴールドエリートの特典

SPGアメックスは発行するだけで、1年間に25泊以上することで獲得することができるマリオットボンヴォイのゴールドエリートになることができます。

通常、ゴールドエリートになるためには年間25泊以上が必要ですが、1泊数万円もするホテルに年間25泊することは普通の人にはかなり厳しい条件です。それがクレジットカード発行のみでゴールドエリートになれてしまうというのだからすごい特典です。

マリオットのゴールドエリートで得られる特典を見てみましょう。

マリオットゴールドエリートの特典

ゴールドエリートの特典ではラウンジアクセスや朝食がつかないのは残念ですが、この中で嬉しい特典として人気なのは「優先レイトチェックアウト」、「より望ましい客室へのアップグレード」、「ポイントボーナス」あたりです。

「優先レイトチェックアウト」は午後2時までのチェックアウト延期が可能となります。夕方や夜の便で移動するなどといった場合にゆっくり出来る拠点があるのとないのでは大違いで、行動の選択肢も格段に増えます。小さな子ども連れならなおさら、ものすごく嬉しいサービスの1つです。

「より望ましい客室へのアップグレード」は文字通りお部屋のアップグレードで、チェックイン時に空室があれば部屋をアップグレードしてもらえます。が、基本的には同じグレードの中のよい部屋(高層フロアー、眺望、コーナールームなど)へのアップグレードとなりますので、過度な期待は持ちすぎないほうがよいと思います。グレード上位の部屋にアップグレードしてもらえたらラッキーくらいと考えておくようにしましょう。

「ポイントボーナス」はマリオット、SPG系列のホテルで、客室料金や部屋付けにできるスパやレストランなどの付随費用などの対象となる支払いで、25%追加のポイントを獲得できるようになります。

マリオット ゴールドエリートの特典ポイント!
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • よりの望ましい客室へのアップグレード
  • 客室料金など対象となる支払いで25%の追加ポイント

 

アメックスのゴールドカード相当のサービス

SPGアメックスはアメリカンエキスプレスのゴールドカード相当のクレジットカードです。今までご紹介したSPGのサービスのほか、アメリカンエキスプレスのサービスも受けることができます。以下、主な魅力的な特典です。

空港ラウンジ利用

一般的なゴールドカードで入ることが可能なカードラウンジに入室できます。他のゴールドカードを所有していたり、航空会社の上級会員となって航空会社ラウンジに入ることのできる方にとっては魅力的な特典とは言えませんが、ラウンジを利用不可の方にとっては助かりますね。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送可能です。疲れている中、空港からスーツケースを配送できるのは楽です。

オーバーシーズ・アシスト

レストランの予約から医療機関の紹介まで、世界中のほとんどの国から24時間通話無料で日本語でサポートしてもらえます。あまり知られていないサービスですが、これは海外で何かトラブルがあった際に非常に頼りになるサービスです。

旅行傷害保険

もろもろ条件はありますが、国内の場合は利用付帯(航空券などの代金をカードで支払った場合)、海外の場合は自動付帯(カードで支払っていない場合)で、手厚い補償を受けることができます。

SPGアメックス補償

詳しい補償内容については以下をご覧ください。

https://www.americanexpress.com/japan/pdfs/benefits/spg_terms.pdf#page=20

航空便遅延費用補償

海外への旅行の際、4時間以上の遅延や、目的地に到着後6時間以内に手荷物を受け取れない状況などが発生した場合に、宿泊料金や食事代、負担した生活必需品などを補償してもらえます。

航空便遅延費用補償

自動付帯のサービスとなるため、海外で航空機の遅延などが発生した場合には忘れずに利用したいですね。

 

私がSPGアメックスを発行した理由!

SPGアメックスを発行した理由

私がSPGアメックスを発行した大きな理由は、

私がSPGアメックスを発行した理由
  • クレジットカード決済でANAマイルを貯める必要性を感じられなくなった
  • ANAマイル以外の航空会社のマイルを確保する手段を確保しておきたい
  • 旅行先のホテルもポイント宿泊でいいホテルに泊まりたい

といった理由からです。

2016年より陸マイラー活動をはじめ、3年以上は年間216,000マイル以上のペースで継続してANAマイルを貯めることができていました。普段私が旅行できる回数の制約等も踏まえて考えると、クレジットカードで例えば200万円利用して還元率1.5%で30,000ANAマイル貯めることにほとんど魅力を感じなくなってきていました。

正直、それまではホテルにはあまり興味を持っていませんでしたが、Twitterやブログで多くのマイラーさんが高級なホテルへ滞在している様子を見て、高級ホテルへの憧れてきたところにSPGアメックスです。

クレジットカード1枚の発行でホテルの上級会員になれて、ポイントで高級ホテルに無料宿泊できる。さらには、他の航空会社のマイルに交換することも可能であれば、SPGアメックスのポイントを貯めたい!

となりました。

年会費31,000円+税という高額なクレジットカードですが、カード継続ボーナスとクレジットカード利用で貯めたポイントで年2泊くらいは高級ホテルに上級会員(ゴールドエリート)として無料宿泊できるのであれば全然許容範囲だと思います。

初年度分の年会費をどう考えるか?

SPGアメックスは2年目以降はカード継続ボーナスの無料宿泊でもとをとれるけど、初年度がなぁ・・・」と考えてSPGアメックスの発行をためらう方も多いかと思いますが、私はそこは入会ボーナスで十分まかなえると思っています。

SPGアメックスの入会ボーナスは最大で39,000ポイントを獲得することができます。(入会後3か月以内に10万円以上利用で30,000ポイント獲得、条件達成のための10万円の利用で3,000ポイント獲得、紹介プログラムを利用して発行すると6,000ポイントの獲得。)

私はこのSPGアメックス発行時に獲得できる39,000ポイントを利用して無料宿泊の予約をすることで、初年度分の年会費のもとはとれると考えています。

私の場合ですが、入会時に獲得したポイントのみで、当時のマリオットの最上級のホテルに無料宿泊しましたが、その時私が宿泊したホテルは1泊595ユーロ~のホテルでしたので、入会時の特典のみで、現時点の為替レート(1ユーロ130円ほど)で77,000円分の無料宿泊を獲得したことになります。

2018年4月の紹介ポイント数変更、2018年8月のポイントプログラム変更によって、現在は入会時に獲得するポイントのみではマリオットの最上級ホテルには宿泊できなくなってしまいましたが、入会時に獲得できる3,6000ポイントでカテゴリー5のホテルに宿泊できますので、元は十分とれると思います。

普段ビジネスホテル等にしか宿泊せず、高級ホテルには宿泊しないという方の場合は、「厳密に元をとれているか?」と問われると微妙なところはありますが、それでも1年に1度くらいはちょっとしたご褒美で高級ホテル宿泊すると考えれば、31,000円+消費税の年会費分くらいの元はとったと言っても過言ではないかと思っています。

 

最後に

私はSPGアメックスを発行して、確実に旅行がワンランクアップしました。

私は2016年から本格的にマイルを貯め始めましたが、2017年は航空券はANAの特典航空券で欧州ファーストクラス、ホテルはパリの五つ星ホテルに無料宿泊です。2016年に陸マイラーになるまでは、ファーストクラスも五つ星ホテルも想像したこともありませんでしたので、これってすごく夢がないでしょうか!?陸マイラー万歳です\(^o^)/

(2017年以降もマイルを利用した特典航空券と、マリオット系列のホテルのポイント宿泊を楽しんでいます!)

SPGアメックスは年会費が高いというデメリットはあるものの、クレジットカード継続時には50,000ポイントまでの無料宿泊を獲得でき、初年度も入会ボーナスでもとは簡単にとれてしまうので今からでも十分入会する価値はあると思います。

マイル還元率だけのクレジットカードにとらわれず、ホテル、各航空会社のマイルに利用できるという汎用性の高いSPGアメックスの発行を考えてみてはいかがでしょうか?

SPGアメックスの紹介を希望される方は、お気軽に以下よりお問い合わせください。

 

以下、マリオット系列ホテルの宿泊記です。よろしければご覧ください!

スポンサーリンク