ソウル駅から徒歩圏内のマリオット!コートヤード・ソウル南大門に宿泊!

2018年10月、特典航空券を利用したモロッコ旅行で、ソウルでトランジットとし、ソウル中心部にあるコートヤード・ソウル南大門に宿泊してきました。

ホテル概要

場所

コートヤード・ソウル南大門はソウル駅、明洞のいずれも徒歩10分程度と、非常によい立地にあります。

ただし、ソウル駅から歩いていく際は、初めての場合は少し戸惑うかもしれません。ソウル駅は広くて出口がたくさんあり、また、ソウル駅周辺は大きな道路で思ったように歩けないんですよね。なので、基本的には行きはソウル駅からタクシーで行ってしまったほうが楽でお勧めします。

もし、ソウル駅から歩いていく場合は、以下5番出口からでてソウル駅を斜め後ろにしながら坂を上っていくと多分すんなりつけると思います。

私は行きも帰りも徒歩で移動しましたが、行きはソウル駅周辺でどう出ればよいか迷ってしまって2,30分程度かかりました。帰りはスーツケースを転がしながらでも10分もかからずに簡単に駅まで到着することができました。

宿泊料金

ソウルではマリオット系のホテルはどのホテルもけっこう高めです。コートヤードの冠がつくのはマリオットの中で比較的リーズナブルなホテルの部類だと思いますが、それでも、コートヤード・ソウル南大門は200,000ウォンくらいでした。(私が利用した日は最安で200,000ウォンくらいでしたが、日によってはもう少し安いようです。)

ポイント宿泊はというと、コートヤード・ソウル南大門はカテゴリー3にカテゴライズされているため、17,500ポイント(旧スターポイントで言うと5,834ポイント)で宿泊可能です。

「お得なポイント利用方法!」とは言えないかもしれませんが、個人的には1ポイント1円以上で利用できていれば、ポイント宿泊も許容範囲ではないかと考えていますので、私は、今回はマリオットの17,500ポイントを利用して無料宿泊してきました。

ちなみにコートヤード・ソウル南大門よりリーズナブルなマリオット系列のホテルだと、フィアフィールド・バイ・マリオット・ソウルが1万円程度で宿泊可能ですのでポイントを利用せずに宿泊費を抑えたい場合は、そちらのホテルもいいかもしれません。

私も当初はそちらに通常宿泊しようかと予約していましたが、ソウル中心部から7,8㎞離れていることと、私が土地勘がなく今回は滞在時間が短いということから、今回はソウル中心部にあるコートヤード・ソウル南大門に宿泊としました。

チェックイン、お部屋

チェックインとお部屋です。

私はSFCアメックス所有によるゴールドエリートからのなんちゃってプラチナエリート(SPGとマリオット統合時になぜかプラチナにアサインされた人)ですが、今回は特にお部屋のアップグレードなどはありませんでした。私の英語力では「あなたはプラチナ会員だけど、今回はポイント宿泊だから…」みたいなことを言われた気がしますが、よくわかりませんでした。(笑)

アサインされたお部屋はこんな感じで、シックなお部屋です。アップグレードもなかったので、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

シャワールームはシースルーでした。異性と行った時にはちょっとドキドキしそうな感じですが、もちろん、ブラインドは下げられます。ただ、ブラインドを下げられるとはいえ、トイレまでシースルーになっちゃってるのは少し避けてほしいものですね。(笑)

こちらがシャワールーム側から撮った写真です。

洗面台とトイレ。比較的新しいホテルですが、ウォッシュレットがなかったのは残念です。水が2本用意されているのは嬉しいですね。

アメニティはこんな感じでした。

ガウンも当然あります。

ラウンジ情報

さて、気になるラウンジ情報です。SPGアメックス所有だけでは利用できなくなってしまったラウンジですが、今回はマリオットさんの好意によるプラチナエリート(バグかキャンペーンかはよくわかりませんが、SPG,マリオット統合時にホテル予約していた人がプラチナとなっている感じでしょうか)で利用させていただけました。まぁ、プラチナエリートでなければマリオット系列のホテルに宿泊しなかったと思いますので、マリオットの作戦にうまく乗せられているだけかもしれません^^;

基本的なラウンジの営業時間は06:00-24:00で、朝食が06:30-10:00、Happy Hourが17:30-19:30、Alcoholic Beverage Serviceが17:30-21:30となっています。

注意事項としては14歳以下の子供は、飲料が提供されている時間帯は入室が許可されておらず、朝食も25,000ウォン必要というところでしょうか。家族連れには少し利用しにくいラウンジかもしれません。

あと、上記写真に記載の内容はメンバー1人につき1人招待できて、さらに、月曜~木曜については45,000ウォン払えばさらにもう1人招待できるってことでしょうか。

英語力が低いため解釈が間違っているかもしれませんので、そのあたりは適当にお読み取りください。(笑)

Happy Hour

17:30-19:30のHappy Hourの様子です。

私は19時前くらいにホテルに到着し、19:30に明洞で待ち合わせがあったため、まったくゆっくりできませんでしたが、とりあえず写真を少し撮って、ビールとケーキだけ頂いてきました。

ラウンジ内はけっこう広く、多くの人で賑わっていました。ラウンジ利用可能な方は意外と多いんですね。Excectiveラウンジは22階にあるため、窓際はなかなかの人気席となっていました。

アルコール類はどこのラウンジも大した差はない感じでしょうか。普通に揃っています。

私はケーキ以外食べませんでしたが、食事はラウンジとしては十分なくらい揃っていると思います。「せっかくだから外で韓国料理を食べたい!!」という場合でなければ、このラウンジで夕食を済ますことも十分ありだと思います。

Happy Hourで唯一食べたケーキは、とてもおいしかったです。

朝食

朝食のラインナップも一気に紹介します。こちらもラウンジでの朝食として十分だと思います。

最後に

比較的評価が高いコートヤード・ソウル南大門。

立地的には最高で、ラウンジも十分な質だったと思います!ソウルにゆっくり滞在し、このホテルを起点にいろいろ移動するのであればコートヤード・ソウル南大門はお勧めできるホテルだと思います!

ただ、今回の私の滞在だと、夜19時頃にホテル着、南大門には立ち寄らず、すぐに明洞へ出かけて、朝食もほんとに軽く食べて7時半くらいにホテル発という感じでしたので、そういったケースでは少しもったいない宿泊だったと思います。

ホテルを拠点としていろいろ出かけたりしないのであればもう少し郊外にあるリーズナブルなマリオット系のホテルに宿泊でもいいですし、ラウンジをほとんど利用せずホテルにもあまりいないのであれば、マリオット系のホテルでなくてもよかった気がします。

おまけ

コートヤード・ソウル南大門は20,000円相当の宿泊費のところ、マリオットのポイントで17,500ポイントで宿泊したと紹介しましたが、SPGアメックスというクレジットカードを発行して10万円以上利用すると、入会キャンペーンのポイントとして36,000ポイント(+通常ポイントで3,000ポイント)獲得することができます。

SPGアメックスは年会費33,480円(31,000円+消費税)と非常に高額なクレジットカードですが、この入会キャンペーンのポイントのみでこのホテルに2泊(宿泊費40,000円相当くらい)できて年会費の元がとれてしまう上、マリオット系列のゴールドエリート(通常は25泊宿泊してなれるステータス。午後2時までのレイトイチェックアウト可能などのサービスを受けられる)となれて、さらにアメリカンエクスプレスのゴールドカード相当の手厚いサービスを受けることができます。

もし、コートヤード・ソウル南大門に2泊以上宿泊する予定であれば、SPGアメックスの発行も検討してみてはいかがでしょうか!?

私がSPGアメックスを発行した理由!初年度からカード年会費のもとはとれる!!

スポンサーリンク