読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!

2016年、ANAのSFC取得しました! ANAマイルの特典航空券を利用してファーストクラスに乗るための情報、体験談を発信します。

☆ANAマイル☆旅行先紹介②~パラオ~

旅行先紹介

f:id:sfc-mile:20161029223158j:plain

 

今回はパラオ旅行について紹介します。

 

ANAのマイルを貯めはじめる前は、デルタ航空(旧ノースウェスト航空)のマイルを貯めていたので、このときはデルタ航空のマイルでパラオに行きました。

ちなみに、デルタ航空(旧ノースウエスト航空)のマイルは、一昔前は東南アジアへはエコノミーで2万マイル、ビジネスクラスで3万マイルというお得な特典旅行を出来たのですが、デルタ航空に統合された後、改悪が多くなったのを機にANAに乗り換えました。

 

 

パラオへは唯一デルタ航空で直行便があり、他は日本からの直行便はありません。

 

残念ながらANAも就航していないため、もし、ANAのマイルでパラオへ旅行したい場合は提携航空会社で旅行する必要があります。

 

ANAマイルでパラオへ行く方法

スターアライアンスの加盟航空会社は今現在以下となっています。

f:id:sfc-mile:20161030094100p:plain

この中だと、ユナイテッド航空(グアム経由)を利用しての特典航空券がオーソドックスなルートになります。

 

なお、私はまだ利用したことがないのですが、パラオまでの場合、おそらく50,000マイルが必要になると思います。

基本的にはパラオまでは50,000マイル必要になりますが(検索して確認済み)、ANAチャーター便の案内が来た時は、ZONE3(アジア1)の都市として利用可能と記載されていたので、20,000マイル、もしくは2,3000マイルで行けるといった記載もありました。

正直よくわからないです。チャーターの時だけ特別だったのかもしれません・・。

f:id:sfc-mile:20161029224128p:plain

 

f:id:sfc-mile:20161029224144p:plain

 

パラオについて

パラオはミクロネシア地域の島々からなる国で、グアムから2時間くらい南に行った場所にあり、通貨はUSドルとなります。

 

私が利用した便は深夜着だったので、タイのタオ島の時と同様にダイビングショップでホテル(VIPホテル)+送迎を手配しておき、4泊+空港往復送迎で29,500円です。

 

ホテルは質の割には若干高かったかなという感じです。

少し分かりにくいですが、以下がVIPホテルです。アパートみたいな感じですね。

f:id:sfc-mile:20161029224309j:plain

 

ダイビングについて

ダイビングショップはAQUA MAGIC PALAUというところを利用しましたが、スタッフの方の対応もよく、お勧め出来るダイビングショップだったと思います。

#タオ島の時に利用したダイビングショップも同じですが、昼にダイビング、夜にダイビングをしたみんなで楽しく飲み、翌日また一緒にダイビングといった楽しみ方が出来るので、1人旅行のダイビングはお勧めします。

 

なお、パラオでは有名ポイントのブルーコーナー、ブルーホール、ジャーマンチャネル等潜りましたが、どこもお勧め出来ます。

ブルーコーナーでは潮の流れが速いので、カレントフックというものをつけてゆらゆら揺れながら回遊魚を観察します。また、サメ等の大物も泳いでいます。

ブルーホールは潜った際に海面を眺めると光が射してきてきて本当にキレイです。

ジャーマンチャネルはマンタスポットで高確率でマンタに会えます。(今回もちゃんと現れてくれました)

 

ダイビング中の写真です。1枚目は見たまんまカメです。2、3枚目はブルーコーナーで撮った写真(魚の群れ、サメ)です。

f:id:sfc-mile:20161029224440j:plain

 

f:id:sfc-mile:20161029224455j:plain

 

f:id:sfc-mile:20161029224518j:plain

 

もちろんダイビングをしない方もパラオを楽しむことは出来ます!

有名な観光スポットは(私が行ったのは)、ミルキーウェイとジェリーフィッシュレイクです。

 

ミルキーウェイ

ミルキーウェイは隆起珊瑚の島が侵食され、石灰質の泥が底に溜まっているため乳白色に見えます。

f:id:sfc-mile:20161029224809j:plain

底に溜まった泥は美白効果があるらしく(日本でも商品化して販売されているとのこと)、湖に潜って湖底から泥をかき集め、体に塗りたくって真っ白になるのが、ミルキーウェイの楽しみ方です。

 

ジェリーフィッシュレイク

ジェリーフィッシュレイクはその名の通り、クラゲの湖です。

ただ、ジェリーフィッシュレイクに行くためには、環境保護のため許可証が必要となります。(実はダイビングするのも許可証が必要です。)

 

パラオの許可証について簡単に説明させて頂くと、パラオの許可証には以下の2つがあります。

 ①ロックアイランド $50

 ②ロックアイランド+ジェリーフィッシュレイク許可証 $100

ダイビングをするには①が必要で、ジェリーフィッシュレイクに行くには②が必要です。

 

ダイビングをする人は+$50でジェリーフィッシュレイクに行けるのですが、ダイビングをしない人はジェリーフィッシュレイクに行くためだけで$100するので、家族4人で行った場合、ミルキーウェイ+ジェリーフィッシュレイクのツアー代金$100×4、許可証$100×4でトータル$800することになります。

ちょっと割高な感じですが、特典航空券で行くのであれば現地では多少お金を使ってもいいかなと思います。

 

ジェリーフィッシュレイクではスノーケルします。

最初は何もいませんが、湖の中央にを泳いで行くに従い、一匹二匹とクラゲが出てきて、湖の中ほどまでいくともう周りはクラゲだらけになり、すごいという言葉しか出てきません。

なお、真実は定かではありませんが、ここはポニョのオープニングのモデルになった場所とも言われています。

f:id:sfc-mile:20161029224832j:plain

 

ジェリーフィッシュレイクは少し高いですが、神秘的なので、是非とも行ってみてほしい場所の1つです。

 

ANAの特典航空券で行くにはパラオは少し割高な気もしますが、ポイントサイトでマイルをたくさん獲得していれば気軽に行けると思いますので、パラオも旅行先の候補として考えてみてはいかがでしょうか?