ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!

2016年、ANAのSFC取得しました! ANAマイルの特典航空券を利用してファーストクラスに乗るための情報、体験談を発信します。

【ふるさと納税】迷っている方はぜひ!!やってみると簡単でした☆

f:id:sfc-mile:20161206004813j:plain

ふるさと納税はもう済まされましたか!?

ふるさと納税はよく名前を聞くしすごい気になる。けど、よく分からないからまだやっていない

という方はかなり大多数にのぼると思います。

私も先日までそのような状況でしたし、私の親、兄弟に聞いても全く同じ回答でした。

が、最近いろいろ調べてみるとやはりかなりお得な制度で、やってみると意外と簡単でしたので、まだやられていない方は是非とも試してみてください!

 

ふるさと納税とは?

実質2,000円でいろいろなお礼品がもらえる!」という話は何度か聞いたことがあると思います。ふるさと納税はまさにその通りの制度なんですよね。

もう少しだけ細かく書くと、ふるさと納税とは応援したい(魅力的なお礼品がもらえる)自治体を選んで、そこに控除上限額の範囲内で寄付をすると、2,000円を超える部分の金額が翌年度の住民税等から控除された上でお礼品がもらえるという制度です。

お得とは思いながら、実際には控除の部分や手続き等がよくわからなくて、踏み出せていないかたが多いと思うんですよね。

「2,000円を超える部分の金額が翌年度の住民税等から控除される」ということは、例えば、控除上限額内で50,000円の寄付をした場合、「翌年度の住民税が48,000円安くなる」ということです。現金で48,000円が戻ってくるわけではありませんが、支払う税金が安くなるのであれば同じことです。50,000円支払って、48,000円分税金が安くなるため実質2,000円でお礼品がもらえるとこぞって紹介されているわけです。

なお、控除については以下サイトが少し分かりやすかったですので、よろしければご覧ください。

ふるさと納税は控除されてる?確認は簡単!その確認方法を解説します! | Natural feelings

 

ふるさと納税の控除上限額は?

控除上限額はみなさんが納めている税金の額によってそれぞれ異なってきます。納税額が多ければ多いほど、控除上限額は多くなります。

控除上限額はふるさと納税サイトで算出できますが、各サイト少しずつ入力項目が違っています。私は以下サイトの③上級編がわかりやすいと思いますので、一度ご自身の控除上限額を調べてみてください。なお、正確な控除上限額を知るためには源泉徴収票などを準備することをお勧めします。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

上記サイトで例として少し入力してみましょう。

f:id:sfc-mile:20161205225102p:plain

年収500万円、専業主婦、子供2人、生命保険料控除10万円、住宅借入金特別控20万円とした場合、48,115円が控除上限額となり、48,115円までの寄付であれば自己負担2,000円で済むということになります。

 

ふるさと納税はどこで申し込む!?

ふるさと納税サイトは多数あります。われらがANAでもふるさと納税を取り扱っており、実際にどこで申し込むのがいいのか迷ってしまうかと思います。

結論だけ言うと、私は楽天(スーパーSALE実施時)のポイント10倍対象の自治体にふるさと納税するのが最もお得だと思います。例えば、ふるさと納税を50,000円分行った場合、お礼品+48,000円の税金控除+楽天5,000ポイント+楽天期間限定ポイント5,000ポイント(ショップ買い回りの最大時)をもらえてしまいます。

陸マイラーの方はマイルを貯めたいと思いますので、簡単にANAふるさと納税と楽天でのふるさと納税を比較してみます。ANAのふるさと納税の場合は100円につき1マイル(対象自治体によっては2マイル)です。例えば、50,000円寄付をした場合は最大で1,000マイル獲得できることになりますね。それに対して楽天でポイント10倍対象の自治体にふるさと納税した場合は5,000ポイント獲得できます。楽天ポイントは50%の交換レートでANAマイルに交換できるので2,500マイルの獲得となり、ANAよりも楽天でのふるさと納税のほうがだいぶお得になります。(それに加えて、楽天スーパーSALEではショップ買い回りのポイントも獲得できます。)

 

ふるさと納税のお礼品など

ふるさと納税のお礼品は実際のサイトを見ていただければと思いますが、私が実際に寄付したものを紹介します。

①宮崎牛ロースステーキ&焼肉セット(4等級以上)

f:id:sfc-mile:20161205233107p:plain

こちらは30,000円の寄付で、

・宮崎牛肩(ウデ)焼肉   500g
・宮崎牛肩ロース焼肉  500g
・宮崎牛ロースステーキ 500g

のセットがお礼品としてもらえます。我が家ではすき焼きはいつもいいお肉を購入するのですが、焼肉、ステーキについては購入することがほとんどないので、ステーキと焼肉セットにしました。

②宮崎牛ハンバーグ8個入

f:id:sfc-mile:20161205233540p:plain

こちらは10,000円の寄付で宮崎牛ハンバーグが8個です。嫁に聞いたところ、簡単に小さい子どもに食べさせられるから選んだと言っていましたが、正直1才と7才の子供にはもったいないですね。(笑)ま、ほぼタダだと思えば許容範囲でしょうか^^;

③PREMIUM PORK尾鈴豚 

f:id:sfc-mile:20161205234058p:plain

こちらは10,000円の寄付で、

・プレミアムソーセージ 300g  
スモークウインナー  200g
粗引きウインナー   180g
生ハムスライス      55g
ベーコンスライス     75g
ロースハムスライス    75g
ボロニアソーセージ  300g

のセットがお礼品としてもらえます。こちらは焼肉のお供にですかね~。子どもがウィンナーが好きで、おいしそうだったので選んでみました。

 

我が家は結局肉オンリーになってしまいました。(笑)

楽天のポイント10倍対象の自治体は思っていたよりは少ないですが、それでも魅力的なお礼品は多数あります。

 

ふるさと納税の寄付後の手続きは!?

私はまだ昨日ふるさと納税で寄付をしたばかりなので、その後の手続きはまだ実施していないのですが、一般的なサラリーマンであれば確定申告する必要がないと思いますのでワンストップ特例で簡単に申請することができるようです。(寄付先の自治体が5つまでの場合のみ)

申請方法は、以下サイトを参照ください。

【楽天市場】ふるさと納税|ふるさと納税はじめてガイド - 税金控除の手続きガイド

控除手順【2016年度版】 | ふるさと納税なら「さとふる」

ワンストップ特例で申請する場合は、自治体に申請書と必要書類を郵送する必要がありますが、楽天のふるさと納税の場合(おそらく他のサイトも同様)は、寄付時にワンストップ特例制度の申請書を申し込む必要がありますのでご注意ください。

f:id:sfc-mile:20161205235808p:plain

 

ふるさと納税はいつまでに実施する!?

2016年のふるさと納税の期限は12月31日です。また、ワンストップ特例制度を利用する場合は、寄付をした翌年1月10日まで(必着)に不備の無い書類の提出が必要となりますので、2016年のふるさと納税を行う場合はなるべく早めに行動することをお勧めします。

また、本記事では楽天スーパーSALEを利用したふるさと納税を勧めています。今回の楽天スーパーSALEは12月8日(木)の1時59分までですので、それまでの実施を強くお勧めします。

 

ふるさと納税をさらにお得にするためには!?

今回ふるさと納税についていろいろと紹介してきましたが、楽天でのふるさと納税を利用するのであればさらにお得にする方法があります。

ハピタスというポイントサイトを経由してから、楽天のサイトでふるさと納税を行えば、さらに1%追加でハピタスのポイントがもらうことができます。ハピタスのポイントは現金にも交換できますし、ソラチカルートというものを利用すると90%のレートでANAのマイルに交換することもできます。

例えば、50,000円の寄付をした場合、500円相当(450マイル)のポイントを追加でもらえることになりますので、よろしければそちらもぜひご利用ください。なお、ふるさと納税だけではなく、通常の楽天やYahooでのお買い物、楽天トラベルなどでの旅行の予約などでも追加でポイントを獲得することができる(ポイントの3重取り)ので、継続的にハピタスを利用することもお勧めします。

ハピタスの登録がまだの場合、以下リンクから登録して7日以内に利用すると、さらに500円相当のポイントが獲得できます。(現在キャンペーン中で12/13までの登録が必要)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

また、ハピタスって何?ポイントサイトって何?という方は以下リンクもご覧になっていただければと思います。

www.ana-mile-first.com

www.ana-mile-first.com

 

最後に

「よくわからないからふるさと納税はしなかった」ということは非常にもったいないです。今回の我が家の例では実質2,000円の出費で、楽天ポイント5,000円分と大量のお肉を獲得しています。

現在、ふるさと納税の利用者は年々増え続けているようです。いつまでこのお得な制度が続くかわかりませんが、利用できる間は是非とも利用して、お得に生活したいですね!