ANA特典航空券でファーストクラスに乗りたい!

ANAマイルのお得な情報、体験談を発信していきます!

【ANA特典航空券】利用者必見!!ANA国際線の特典航空券のルールとお得な発券方法!

f:id:sfc-mile:20170315005243j:plain

昨今の陸マイラーブームによって、ソラチカルートを利用して大量のANAマイルを貯めている方は少なくありません。ただ、みなさん有効活用できているでしょうか!?せっかく頑張って貯めたANAマイルは有効に活用しないと宝の持ち腐れです。

そこで、貯めたANAマイルを最も有効活用できる特典航空券について、2回にわけて発券ルールや発券ポイントを解説していきます。まず最初は国際線の特典航空券について、必要な情報とお得な発券内容を厳選して紹介していきたいと思います。

 

国際線のANA特典航空券について

国際線の特典航空券には大きく「ANA国際線特典航空券」と「提携航空会社特典航空券」の2つがあります。単純にANAグループ便(ANA、エアージャパン)のみを利用するか、スターアライアンス加盟航空会社や提携航空会社を利用するかどうかの違いです。往路はANA特典航空券、復路は提携航空会社特典航空券といったことも可能です。

両者は基本的なルールは大きくは変わらないのですが、細かい部分で少しずつルールが異なっているので注意が必要です。主には、必要マイルの算出方法、空席待ちの取り扱いや予約変更についてルールが異なっています

提携航空会社は現在のところ以下となっており、ANA便以外も多くの航空会社を利用することができます。

f:id:sfc-mile:20170312204047p:plain

f:id:sfc-mile:20170312204147p:plain

国際線特典航空券に必要なマイル数

ANA国際線特典航空券の必要マイル数

・ゾーン、シーズン、利用クラスによって必要マイル数が決まる

・往路と復路で利用クラスを変えることで、ビジネスクラス、ファーストクラスも利用しやすくなる

必要マイル数は、ゾーン、シーズン(ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズン)、利用クラス(エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス)によって決まります。細かい説明よりも以下のANA公式ページの画像を見てください。

【ゾーン】

f:id:sfc-mile:20170312154631p:plain

【搭乗日のシーズン】

f:id:sfc-mile:20170312155438p:plain

【必要マイル数】

f:id:sfc-mile:20170312154725p:plain

上記一覧では往復とも同一シーズン、同一クラスに搭乗した際に必要なマイル数となります。シーズンやクラスが混在する場合は必要なマイル数は単純に足して2で割ってください。例えば、シンガポール(アジア2)のファーストクラス往復に必要な最小マイル数はローシーズンで105,000マイルですが、往路ファーストクラス、復路エコノミーとした場合は、(105,000マイル+30,000マイル)/ 2 = 67,500マイルとなります。ビジネスクラスやファーストクラスに乗ってみたいけどマイルが少し足りないという方には、往路と復路で利用クラスを変えて発券するのがお勧めです。

どの路線がいいかは読者様次第ですので、せっかくマイルを利用して旅行するのであれば行きたいところに行きましょう。ただ、コストパフォーマンス(マイルパフォーマンス?)の観点でみると、飛行距離が長く利用クラスが高い(ビジネスクラス、ファーストクラス)ほどお得と言えます。例えば日本-欧州の往復のファーストクラス運賃は300万円程度するのに対して、特典航空券に必要なマイルはたったの165,000マイル or 180,000マイルで、1マイルの価値が16円~18円程度になります。ビジネスクラスも通常の運賃はかなり高いので、コストパフォーマンスの観点でみるとかなりお得です。

提携航空会社特典航空券の必要マイル数

・ゾーン、利用クラスによって必要マイル数が決まる

・海外での乗り換え有無(Zone1-A、Zone1-B)で必要マイル数が変わる

・ANA国際線特典航空券と同様に往路と復路で利用クラスを変えることで、ビジネスクラス、ファーストクラスも利用しやすくなる

提携航空会社の特典航空券の場合は、ANA国際線特典航空券と違って「搭乗日のシーズン」という考え方がなくなります。その代わり、海外での乗り換え有無によってZone1-A、Zone1-Bが決まり、それぞれで必要マイル数が変わってきます

Zone1-A:国際線往復2区間のみの旅程、もしくは国際線往復2区間に加え日本国内のみで乗り継ぎをしている旅程

Zone1-B:日本以外で乗り継ぎが発生する旅程

国際線区間での乗り継ぎがあるZone1-Bについては、必要マイル数が少し増えることになります。

【必要マイル数】

f:id:sfc-mile:20170312161548p:plain

よく見ると、

ANA国際線特典航空券のレギュラーシーズンの必要マイル数=提携航空会社の特典航空券のZone1-Aの必要マイル数

ANA国際線特典航空券のハイシーズンの必要マイル数=提携航空会社の特典航空券のZone1-Bの必要マイル数

となっています。例えばANA国際線特典航空券と同じ条件であるZone1-A(海外での乗り換えなし)の必要マイル数で比較して見ると以下のような形になります。

①ローシーズンに利用:ANA国際線特典航空券のほうが必要マイル数は少ない。

②レギュラーシーズンに利用:どちらも変わりなし

③ハイシーズンに利用:提携航空会社の特典航空券のほうが必要マイル数は少ない。

また、Zone2やZone3にファーストクラスの必要マイル数が記載されていますが、こちらは規定されているだけで、現在は就航路線はありませんので頑張って探しても見つかりませんのでご注意ください。

往路と復路で利用クラスを変えられることはANA国際線特典航空券と同じです。

幼児の取り扱い

・国際線の特典航空券の幼児の扱いは2歳未満

・2歳未満の幼児で座席占有なしの場合において、マイルは不要だが幼児料金(通常運賃の10%)が必要

国際線の特典航空券の場合は、国内線特典航空券と違って2歳以上から大人と同じマイル数が必要になりますのでご注意ください。

また、2歳未満の幼児の場合は、マイルは不要ですが幼児料金がかかります。エコノミークラス利用の場合はそこまで大きい金額ではないと思いますが、ビジネスクラス、ファーストクラス利用となるとけっこうな金額がかかってしまいます。 

乗り換え

ANA国際線特典航空券の乗り換え

・日本発の場合は途中降機(24時間を超える滞在)は不可、海外発の場合は目的地以外に1回可能

・日本国内で往路、復路各2回まで乗り換え可能

基本的に日本発になると思うので途中降機は出来ないものと思ってください。ただし、日本国内での乗り換えは、往路、復路各2回まで可能ですので、例えば仙台→那覇→羽田→(海外)→羽田→札幌→仙台といったプランも可能です。※那覇、羽田、札幌では24時間未満の滞在の必要あり。

イメージが付きやすいように、以下、適当に選択したルートをサンプルとして見てみましょう。那覇、ソウル、札幌にそれぞれ宿泊(ソウルは複数日の滞在も可)して12,000マイル+6,500円です。笑ってしまうくらいお得ですよね(笑)。ちなみに以下では空席待ちの便を選択してしまっていますが、空席とか見ないで適当に選択したので空席の便もあったと思います。

f:id:sfc-mile:20170312193148p:plain

ただし、出発地の都市、最後の都市を経由することはできませんので旅程を考える場合はご注意ください。例えば羽田→那覇→羽田→(海外)などということはできないので、どちらかというと地方に住んでいる方向けかもしれません。関東在住で上記のような発券を行いたいなら関西や中部発着の国際線を狙うといいと思います。

提携航空会社特典航空券の乗り換え

・途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能(途中降機は乗り換えの回数に含む)

・海外で往路、復路各2回まで乗り換え可能

・日本国内で往路、復路各2回まで乗り換え可能

日本国内での乗り換えはANA国際線特典航空券と同じように往路、復路各2回まで可能です。その他に海外での乗り換えが往路、復路2回まで可能となります。また、途中降機も1回可能(日本でも海外でも可)です。

実際に私の発券した旅程をサンプルとしてみてみましょう。東京→フランクフルト(乗り換え)→ミラノ(途中降機)→ミュンヘン(目的地)→パリ(乗り換え)→バンコク(乗り換え)→大阪といった感じで海外で往路、復路各2回乗り換えを行っています。乗り換え地(フランクフルト、パリ、バンコク)では24時間未満の滞在となりますが、それでも便を選べば丸1日近く滞在可能なので、大変お得です。

f:id:sfc-mile:20170312201852p:plain

利用できない期間

・ANA国際線特典航空券では利用できない期間はハワイ発1/1~1/2のエコノミークラスのみ

・提携航空会社特典航空券では航空会社によるため確認が必要

・国際線旅程に含まれる日本国内線部分については、ANA国内線特典航空券の条件に従う

国際線では利用できない期間はほとんどありません。競争率は高いですが、通常の航空券は高くなってしまう繁忙期の利用を狙うのもありです。ただし、人気の路線(特にハワイ)は激戦ですのでかなりの覚悟を持って臨まないと取れません。

また、ANA国内線特典航空券にはお盆や年末年始にブラックアウト(予約不可)の設定があります。国際線の特典航空券の場合の日本国内での乗り換えも、ANA国内線特典航空券のブラックアウトの条件に従いますので、繁忙期に旅行を計画される場合はチェックが必要です。

予約期間

・搭乗の355日前(出発日含まず)の午前9時(日本時間)から、出発の96時間前まで

・全旅程を申し込んで予約完了

・人気路線では355日前に往路、復路同日程で予約してからの復路日程変更する方法が主流

予約は基本的に搭乗の355日前から実施可能です(一部航空会社では予約受付開始日は異なります)。人気路線のハワイなどでは基本的に搭乗日の355日前の予約が必須となります。特典航空券の取り方を知っている方は355日前に往路と復路の同日旅程の航空券を発券し、本来の復路希望日の355日前に復路日程変更するといった方法を利用していますが、私は未経験なのでその部分の詳細説明は見送らせていただきます。もし、人気路線の特典航空券を発券しようという方はその方法を利用すべき(利用しないとなかなか予約できない)なので、ググってみてください。すぐに出てきます。

また、全旅程を申し込まないと予約完了できないというところも注意が必要です。わかりやすい例だと、国内線区間が満席になっているけど人気路線のハワイに空席がある…などといった場合にハワイ便の座席のみを予約しておくことはできません。どうしてもその空いている区間の予約を確保しておきたい場合は、国内線区間を切り捨てたりする決断も必要になります。少し迷っているうちに他の方にとられるなんてこともありますので、人気路線を予約する場合は予め妥協可能なボーダーラインを決めておくようにしましょう。

発券手数料

・ANAウェブサイトからの予約は発券手数料は無料

・電話予約の場合は2,160円

・ANAウェブサイトで予約できない旅程、航空会社の場合は電話予約でも発券手数料は無料

ANAウェブサイトから申し込んだ場合は発券手数料はかからないので基本的にはANAウェブサイトから申し込んでください。ただし、ANAウェブサイトから予約出来ない航空会社や発券できない航空券の場合は電話予約でも発券手数料はかからないので、発券できない??と悩んだ場合はすぐに電話してしまいましょう。優しいお姉さんが丁寧に案内してくれると思います。 

発券後の予約変更、キャンセル

・予約変更は搭乗日、便の変更が無料で可能(航空会社や区間の変更は不可)

・ANA国際線特典航空券の場合は、出発の24時間前まで

・提携航空会社特典航空券の場合は、搭乗希望便出発の96時間前まで

・全旅程未使用の場合のみキャンセル可能で、払い戻し手数料として1名につき3,000マイル

国内線も国際線も搭乗日・便の変更は可能です。また、キャンセルはたった3,000マイルで可能です。これは一般の格安航空券を購入した場合と大きく異なり、非常に利用しやすいです。とりあえず予約して、都合が悪くなったら日程変更、有効期間(発券から1年以内に出発)が切れてしまったら3,000マイルのみ支払ってキャンセルということも可能です。キャンセルした場合は3,000マイルを差し引いたマイル数が払い戻されますが、その際、有効期限が切れたマイルは払い戻しされませんので、ご注意ください。

空席待ち

・ANA国際線特典航空券の場合は片道につき1便可能(第一区間出発の14日前まで)

・提携航空会社特典航空券の場合は空席待ち不可

提携航空会社特典航空券の場合は、ANA便も含めて空席待ちはできませんのでご注意ください。

ANA国際線特典航空券の場合は片道につき空席待ちが1便可能ですが、すでに同一区間に座席が確保できている場合は空席待ちはできません。「とりあえず午前中の便を予約しておいて夕方の便を空席待ち」などといったことはできません。その場合は、とりあえず予約しておいて、自分で希望の日時の便が空くかどうかチェックし、もし空席が出たら予約変更するようにしましょう。

世界一周特典航空券

提携航空会社特典航空券では世界一周の特典航空券も発券可能

・必要マイル数は意外と少ない

世界一周の航空券なんて夢のような話だと思っていませんか?意外と少ないマイルで世界一周特典航空券を発券することも可能です。飛行距離によって必要マイル数が変わってきますが、例えばファーストクラス世界一周でも18万マイルくらいから可能です。世界一周特典航空券について興味がある方は以下記事をご覧ください。

www.ana-mile-first.com

お得な発券方法!

私の中でお得と思える発券方法は、今までに例を用いて説明した国際線乗り換え、国内線乗り換えを最大限に利用した発券となります。ただし、あくまでそれらは基本編です。

ここでは、その応用編とも言える発券内容を紹介します。旅行へ行きたいけど、弾丸でしか旅行に行けない…とか、旅行は1都市のみを満喫したいなどといった場合に利用できそうな発券方法です。それは、提携航空会社特典航空券を利用した国内線での途中降機を利用した発券です。細かいことをいうより例を見てみましょう。

f:id:sfc-mile:20170315000124p:plain

例ではソウルに1泊2日で旅行に行っています。実際にはソウルでは何泊してもかまいません。通常、ソウル旅行だと、東京→ソウル→東京として発券して旅行は終わりだと思いますが、上記では提携航空会社特典航空券を利用することにより、東京での途中降機という形にしています。

そして改めて(ANA特典航空券では予約不可である)2か月以上先の7月の3連休に那覇と仙台の旅程を組み込んでいます。東京で途中降機を行っているため、那覇では24時間以内の滞在しかできませんし、最終的には仙台から別な手段で東京に戻ってくる必要があるのですが、仙台-東京の新幹線代10,000円だけで那覇と仙台の旅行を追加できるってすごくないですか!?BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)のマイルやUA(ユナイテッド航空)のマイルを持っていれば片道の特典航空券で東京まで戻るのもお勧めです。BAのマイルでは4,500マイル~、UAのマイルでは5,000マイル~で片道特典航空券の発券が可能です。UAのマイルの場合は、例えば5,000マイルで仙台から名古屋や伊丹、福岡経由で羽田へ戻るなんてこともできます。

また、那覇に長く滞在したいのであれば、例えば仙台便をとらないで、那覇で数日滞在したのち片道航空券のみを追加で発券して帰ってきてもいいですし、東京-札幌-那覇などにして札幌に1日滞在した後に那覇滞在とし、最後に片道航空券で東京へ帰ってもいいかもしれません。

旅Mさん (id:investravel)のブログで教えていただいた、提携航空会社特典航空券を利用した国内線での途中降機はほんとうに応用力があります。

www.investravel.link

www.ana-mile-first.com

最後に

ANA国際線の特典航空券の利用ルールや、お得な発券方法について紹介しましたがいかがだったでしょうか!?知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。せっかく貯めたマイルは有効に利用しましょう♪ ただ、あまりやりすぎないように…。(笑)

なお、私としてはあまり重要視せず、今回紹介しなかった内容などもありますので、必要に応じてANAのウェブサイトを確認するようにしてください^^;

概要│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

概要│提携航空会社特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

国内線特典航空券については近々?記事にします。

もし、特典航空券を利用してファーストクラスに乗りたいと考えているのであれば以下記事もご覧いただければと思います。

www.ana-mile-first.com

www.ana-mile-first.com

特典航空券を利用するためのマイルの貯め方は以下記事をご覧ください♪

www.ana-mile-first.com