SPGアメックスの入会キャンペーンを紹介!SPGアメックスの特徴を正直に解説!!

ここ数年、旅行好きの方には大人気のクレジットカード「SPGアメックス」。雑誌の最強クレジットカードランキングで1位に選ばれたこともあるクレジットカードです。

年会費は31,000円+税と高額ながら、その魅力的な特典のため発行する人が後を絶たず、先日実施したマイラー実態調査では、なんと回答者436名中224名が所有しているという人気ぶりです。ただ、万人に向いているカードとは言えない部分もありますし、残念ながらSPGアメックスを紹介したいがために誤解を与える表現で紹介しているブログも多くあります。

本記事ではそんなSPGアメックスの入会キャンペーンについてご紹介するとともに、SPGアメックスの特徴、メリット、デメリットについて正直に紹介していきますので、SPGアメックスの発行を検討している方は、ぜひとも最後までお読みいただけると嬉しいです。

Contents

SPGアメックスの入会キャンペーンについて

SPGアメックスは公式ホームページから発行する場合、入会後3か月以内に合計10万円以上利用することで、入会ボーナスとして33,000ポイント(10万円のカード利用分の3,000ポイントを含みます)をもらえることができます。

しかしながら、SPGアメックスはお得な入会キャンペーンを実施しており、公式ホームページからそのまま発行するのはかなりもったいないです。

現在、SPGアメックスの最もお得な入会方法は、SPGアメックスの既存所有者からの紹介で入会すること(紹介プログラムを利用すること)であり、その場合、入会後3か月以内に合計10万円以上利用すると入会ボーナスとして39,000ポイントもらうことができます。(39,000ポイントには10万円のカード利用分の3,000ポイントを含みます)

「入会キャンペーン、紹介キャンペーンで90,000ポイント以上獲得可能!」と紹介されているブログも見かけますが、そちらは入会キャンペーンの条件である10万円決済分でマリオットのポイントを購入したり、マリオットのホテルに宿泊して獲得したポイント分を含めて90,000ポイント以上になるというものであり、入会キャンペーンとは異なります。

紹介プログラムを利用すると通常入会より6,000ポイント多いポイントがもらえるというものは、誰から紹介されても同じで、あくまで入会キャンペーンを通じて獲得できるポイント数はカード決済10万円分のポイント含めて39,000ポイントですので、お間違えのないようにしてください。

また、SPGアメックスを発行する前には以下「マリオットの会員登録」と「ポイントサイト経由でのSPGアメックス発行」の2つの内容も知っておくことをお勧めします。

マリオット会員登録

SPGアメックスの特典ではありませんが、SPGアメックスを発行するためには事前にマリオット会員に登録する必要があります。(SPGアメックス発行時にマリオット会員番号を入力する箇所があります。)

マリオットの会員登録も紹介プログラムを経由すると最大10,000ポイントもらえる(登録後365日以内の1滞在ごとに2,000ポイント、最大5滞在分までもらえる)ので、もし、まだマリオットに会員登録していない場合はマリオットの会員登録も紹介プログラム(SPGアメックスの紹介プログラムとは別)を利用してポイントをもらうようにしましょうね。公式ホームページからの会員登録はもったいないです。

マリオット会員登録における紹介プログラムについては以下記事で紹介しています。私から紹介させて頂くことも可能ですのでよろしければお気軽にご連絡ください。

 

ポイントサイト経由でのSPGアメックス発行

現在はあまりお得ではないためお勧めしていませんが、SPGアメックス発行の選択肢の1つとして、ポイントサイト経由で発行するという方法もあります。

ポイントサイト経由で発行する場合は、通常の公式サイトからした場合と同じ入会ボーナス(33,000ポイント)+ポイントサイト側のポイントをもらえます。

ポイントサイトでもらえるポイントは、基本的には最大2,000円相当であり、紹介プログラムを利用した入会より良くないという感じですが、過去(2018年の秋の1か月くらいだけ)には10,000円相当になったこともあります。

再度高騰する可能性もあるかもしれませんので、一応SPGアメックス発行前にはポイントサイト側でのポイント数も確認してみてもいいかもしれません。なお、ポイントサイトでもらえるポイント数はぽい得サーチで「スターウッド」で検索すると簡単に分かります。

マリオットのポイントはセール時(年に1,2回程度実施)には1ポイント1円弱で購入できるため、私個人としては、ポイントサイト側で6,000円相当以上のポイントがもらえるのであれば、ポイントサイト経由での発行がいいと思いますが、そこまで上がる可能性は低く、しばらくは紹介プログラム経由での発行が一番お得という流れではないかと思っています。

 

SPGアメックスの入会まとめ

SPGアメックスの入会まとめ
  • 公式ホームページから発行する場合は33,000円相当のポイントがもらえる
  • 紹介プログラムを利用して発行する場合は39,000円相当のポイントがもらえる
  • ポイントサイト経由で発行する場合は33,000円相当のポイント+ポイントサイト側で2,000円相当のポイントがもらえる
  • マリオット会員未登録の場合は、そちらも紹介経由で登録することで最大10,000ポイントもらえる

もし、SPGアメックスの紹介を希望される方は、以下よりご連絡頂ければ、24時間以内に折り返し紹介プログラム用のURLをメールにてご連絡いたします(名前はニックネームで可能です)のでお気軽にご連絡ください。なお、マリオットの紹介も希望される場合は、コメント欄に「マリオット会員の紹介も希望」とご記入頂ければと思います。

たまに紹介プログラム用のURLを直接ブログに貼り付けている方もいらっしゃいますが、SPGアメックスの規約に禁止事項として明記されている内容ですのでご注意ください。

 

SPGアメックスについて

ここからは、SPGアメックスの基本情報や特徴について紹介していきます。

SPGアメックスは2013年に登場したクレジットカードで正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

もともとはスターウッド(シェラトン、ウェスティン等)とアメックスが提携したクレジットカードでしたが、2016年にスターウッドが大手ホテルチェーンのマリオットに買収されたことにより、現在では世界最大のホテルグループであるマリオットとアメックスが提携したクレジットカードと言えます。

SPGアメックスを所有するだけで、マリオット(シェラトンやマリオット、リッツカールトンなど)のゴールドエリートの資格を得ることができることが大きな特徴のクレジットカードとなります。

SPGアメックスの基本情報

年会費:31,000円+消費税

SPGアメックスの年会費は31,000円+消費税と一般的には高額です。この年会費は初年度から毎年かかってしまいますので、カード発行によって得られるベネフィットとこの年会費を天秤にかけてSPGアメックスを発行するかどうか決断する必要があります。

私は初年度は入会キャンペーンで得られるポイントでの無料宿泊、2年目以降はカード継続ボーナスの無料宿泊で年会費分のもとをとることができ、その上でSPGアメックスの特典を享受できれば十分お得と考えてSPGアメックスを発行しました。

ただ、一泊30,000円以上のホテルになんて全く興味がない、その分安いホテルに宿泊して他にお金を使いたい!という方にはあまり向きません(貯めたマリオットのポイントは実質無期限で40社以上の航空会社のマイルに交換できるため、そこに大きく魅力を感じている方は別です)。逆に「毎年一泊以上は高級ホテルに泊まっている」、「たまには高級ホテルにも泊まってみたい」という方にはうってつけのクレジットカードだと思います。

私はもともとは格安ホテル派でしたが、やはり高級ホテルにもたまには宿泊してみたいという気持ちも少しはあり、SPGアメックスを発行してから高級ホテルにもたまにですが宿泊するようになりました。これがいいのか悪いのかはさておき笑、いいきっかけになったクレジットカードです。

 

カード継続ボーナス1:無料宿泊プレゼント

SPGアメックスではカード継続ボーナスとして、世界各地のマリオット系列のホテルで利用できる1泊1室の無料宿泊特典(50,000ポイントで宿泊可能なホテルへの宿泊)がもらえます。

マリオットにはカテゴリー1~8までありますが、50,000ポイントだと標準時はカテゴリー6のホテルまで、オフピークの場合はカテゴリー7のホテルまで宿泊可能です。カテゴリー6までであれば、宿泊する日によっては一泊5万円以上もする高級ホテルも多数含まれていますので、これだけで十分年会費の元が取れると思います

日本のマリオット系列のホテルやカテゴリーは以下のページでまとめていますので、どのようなホテルがあるのかよろしければご覧ください。

なお、私はカード継続ボーナスで、2018年はクリスマス直前の3連休にシェラトン・グランデ・トーキョーベイに宿泊、2019年はGWにシェラトン沖縄サンマリーナリゾートに宿泊しました。私はマリオットのプラチナ会員として宿泊したためゴールド会員(SPGアメックスの特典でなれる会員ランク)での宿泊とは違いますが、宿泊記については以下となりますので、よろしければご覧ください。

無料宿泊特典の大きなポイントとしては「祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、 無料宿泊特典が利用できる」というところです。私が利用した上記の宿泊もいずれも繁忙期の利用であり、SPGアメックスの年会費よりはるかに高い宿泊料金の時に利用できました。

なお、ご家族がいらっしゃる場合は宿泊時の子どもの取り扱いについて気になるところだと思います。子どもの取り扱いはホテルによって異なりますが、12歳以下の子どもであれば添い寝として利用できるところが多いため、お子さんが小さければ家族で無料宿泊を利用することも可能です。家族で利用する場合は子どもの添い寝について、必ず電話で確認するようにしましょう。添い寝情報を掲載していただいているブログもあり、とても参考になりますが、規約が変わっている可能性もあり、必ず電話で確認したほうがいいです。

私は10歳と4歳の子供がいる4人家族ですが、まずは大人2名で予約してしまってから、マリオットの専用デスクに電話して子供2名を添い寝で追加できるか確認しています。(Web上で3名や4名で検索すると選択できる部屋がかなり少なくなったうえ、高額になります)

 

カード継続ボーナス2:5泊分の宿泊実績

SPGアメックスを発行することでマリオットのゴールド会員になることができますが、こちらはゴールド会員よりさらに上のプラチナ会員(年間50泊で達成)以上を目指すために必要な宿泊実績のプレゼントです。

後ほどマリオットのゴールド会員の特典について紹介しますが、マリオットの会員制度においてゴールド会員とプラチナ会員以上ではラウンジ利用可否などけっこうな差がありますので、プラチナ会員以上を目指すという方には重宝される特典です。

なお、初めてプラチナ会員を目指す場合はプラチナチャレンジ(プラチナチャレンジを宣言し、申し込み月を含む4か月以内に16泊することでプラチナ会員になれる)することをお勧めしますが、プラチナを継続したいなどといった場合に利用してください。

 

カード利用料金100円ごとに獲得できるポイント

SPGアメックスではクレジットカード利用料金100円ごとにマリオットのポイントを3ポイント獲得できますので、ポイント還元率3%のクレジットカードです。(マリオット系列のホテルで利用する場合は100円ごとに6ポイント獲得することができます。)

ただし、こちらはホテルへの利用やマイルへの交換でレート(価値)が変わってきますので、一概に還元率が3%と非常に高いクレジットカードというのは早計です。マリオットのポイントプログラムについては後ほど(記事後部で)詳細を紹介します。

SPGアメックス(というよりはアメリカンエクスプレス全体)では光熱費や税金などの支払いについては、もらえるポイント数は半減し、SPGアメックスでは200円の利用で3ポイント獲得になりますのでご注意ください。とにかくマリオットポイントを貯めたいという方以外、対象となる支払いは他のクレジットカードを利用したほうがいいと思います。

200円で3ポイント獲得となる対象の支払いについては、以下公式ページでご確認ください。

 

マリオットボンヴォイのゴールド会員になれる

SPGアメックスを発行するとマリオットのゴールド会員になることができます。マリオットの会員ランクは以下のようになっており、ゴールド会員は通常は年間25泊以上で獲得できるステータスです。

  • 年間0泊~9泊:一般会員
  • 年間10泊~24泊:シルバー会員
  • 年間25泊~49泊:ゴールド会員
  • 年間50泊~74泊:プラチナ会員
  • 年間75泊~:チタン会員
  • 年間100泊+20,000米ドル利用:アンバサダー会員

25泊なんてそこまで大したことないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1泊数万円もするホテルにそれだけ宿泊することは一般の家庭にはかなり厳しい条件です。それがクレジットカードの発行のみでゴールド会員になれてしまうというのはなかなかすごい特典だと思います。(マリオットのゴールド会員の特典についてはこの次に紹介します。)

 

SPGアメックスの基本情報をまとめ

SPGアメックスの基本情報まとめ
  • 年会費31,000円+消費税
  • カード継続ボーナスで50,000ポイントで宿泊できるホテルへの無料宿泊プレゼント
  • カード継続ボーナスで5泊分の宿泊実績がもらえる
  • クレジットカード利用料金100ごとに3ポイント(マリオット系列のホテルの場合は6ポイント)獲得できる
  • マリオットボンヴォイのゴールド会員になれる

 

マリオットゴールド会員の特典

上述している通り、SPGアメックスのクレジットカードを発行するだけで、通常は1年間に25泊以上することでなることができるマリオットボンヴォイのゴールド会員になることができます。

マリオットのゴールド会員で得られる特典は以下となります。

マリオットゴールドエリートの特典

この中でも特に嬉しい特典は「優先レイトチェックアウト」、「より望ましい客室へのアップグレード」、「ポイントボーナス」、「エリート専用予約ライン」、「ウェルカムギフト」ではないかと思います。

「優先レイトチェックアウト」は午後2時までのチェックアウト延期が可能となります。夕方や夜の便で移動するなどといった場合にゆっくり出来る拠点があるのとないのでは大違いで、行動の選択肢も格段に増えます。小さな子ども連れであれば、ものすごく重宝するサービスの1つです。

「より望ましい客室へのアップグレード」は文字通りお部屋のアップグレードで、チェックイン時に空室があれば部屋をアップグレードしてもらえます。ただし、基本的には同じグレードの中のよい部屋(高層フロアー、眺望、コーナールームなど)へのアップグレードとなりますので、過度な期待は持ちすぎないようにし、グレード上位の部屋にアップグレードしてもらえたらラッキーくらいと考えておくくらいでちょうどいいと思います。

たまにSPGアメックスを利用して宿泊してスイートにアップグレードされたなどという記事も見かけますが、ゴールド会員ではスイートへのアップグレードなどはほとんどありません。そういった記事を書いている方は大抵プラチナ会員やチタン会員の方で、そちらの特典でスイートにアップグレードしてもらっているので、SPGアメックスのおかげと勘違いしないようにしてください。

「ポイントボーナス」はマリオット系列のホテルで、客室料金や部屋付けにできるスパやレストランなどの付随費用などの対象となる支払いで、25%追加のポイントを獲得できるようになります。通常はマリオット会員として、1米ドル利用ごとに10ポイントもらえるところ、12.5ポイントもらえるようになります。

マリオット系列のホテル利用料金をSPGアメックスで支払った場合にもらえるポイントは少し複雑なので、例で紹介したいと思います。

例えば、ホテル宿泊料金が1万円をSPGアメックスで支払った場合にもらえるポイントは以下となります。

  • SPGアメックスの支払い300ポイント(通常100円ごとに3ポイント分)※SPGアメックスのポイント
  • SPGアメックスの支払いで300ポイント(マリオット系列での支払い分)※SPGアメックスのポイント
  • マリオット会員のホテル宿泊で900ポイント(1米ドルごとに10ポイント分。1米ドル=110円で計算。)※マリオット会員側ポイント
  • マリオット会員のホテル宿泊で225ポイント(ゴールド会員ボーナス25%分)※マリオット会員側ポイント

※SPGアメックスのポイントは、毎月1回マリオット会員側のポイントに自動移行されます。

ゴールド会員ボーナス分はわずかといえばわずかですが、マリオット会員+SPGアメックスでもらえるポイント数を合計すると1,725ポイントとポイント還元はかなり多いと思います。

「エリート専用予約ライン」はゴールド会員用の専用電話番号(0120-925-759)で予約や確認を行うことができます。私はプラチナ会員のため、ほとんどゴールド会員用の専用電話番号に電話したことがないのですが、そこまでつながりやすいわけではないみたいです。が、一般会員用の電話番号よりはつながりやすいと思いますので、こちらもけっこう重宝されるサービスではないかと思います。

「ウェルカムギフト」はホテル到着時に250ポイント、または500ポイントがもらえます(ブランドによって異なります)。安いホテルに宿泊した時は還元率も高くなり嬉しい特典です。

また、上記ゴールド会員の特典には明記がありませんが、ほとんどのホテルでエリート会員専用のチェックインカウンターがあり、そちらを利用することもできます。「チェックインに並ぶのが苦痛で、チェックインカウンターの利用が一番のメリット!」という意見も頂きましたので、こちらの特典についても紹介しておきます。

 

マリオットゴールド会員まとめ

マリオット ゴールド会員のまとめ
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • よりの望ましい客室へのアップグレード(ただし、過度な期待をしてはダメ)
  • 客室料金など対象となる支払いで25%のポイントボーナス
  • エリート専用予約ラインで一般会員より電話がつながりやすい
  • ウェルカムギフトで250ポイント or 500ポイントもらえる

残念ながらラウンジアクセスや朝食はプラチナ会員からとなり、ゴールド会員の場合は利用することができません。朝食やラウンジを利用したい場合は、クラブラウンジアクセス付きの部屋に宿泊するなどしなければいけませんので、誤解を与える表現のブログなどを見て勘違いしないようにご注意ください。

 

マリオットのポイントプログラム

SPGアメックスは基本的にクレジットカード利用料金100円ごとにマリオットのポイントを3ポイント獲得できますが、このマリオットのポイント制度が大変魅力的なものとなっています。

マリオットのポイントは、大きく「マイルに交換して利用する」ことと、「マリオット系列のホテルにポイントで無料宿泊する」ことの2つの使い道(他にも使い道はありますがお得でないため割愛)がありますが、いずれも本当に素晴らしく、私はここまで汎用性の高いポイント制度は他に知りません。

ポイントをマイルに交換!

マリオットのポイントはANAやJALをはじめ、多くの航空会社のマイルに3ポイント=1マイル(ユナイテッド航空の場合は1.1マイル)のレートで交換することができます。

SPGアメックスは利用料金100円ごとに3ポイント獲得でき、3ポイント=1マイルに交換できるので、通常時はマイル還元率の1%クレジットカードと言えます。ただし、60,000ポイントを一度に交換すると5,000マイルのボーナスマイルが付与されるため、60,000ポイントを交換すると25,000マイルとなり、マイル還元率は1.25%となります。

日本でも人気のBAのマイルへの交換は年に1,2回程度35%ボーナスキャンペーンなどを行っており、その場合は最大1.25%×1.35=1.6875%の還元率になります。

また、ユナイテッド航空の場合は通常時でも3:1.1の交換レートなので通常時で1.1%の交換レート、60,000ポイント交換時で25,000マイル+ボーナス2,500マイル=27,500マイルもらえるのでマイル還元率は最大1.375%です。さらにユナイテッド航空も30%ボーナスキャンペーンなど行う場合もあり、その場合は27,500マイル+8,250マイル(30%)=35,750マイルになり、その場合は最大1.7875%の還元率となります。

ただ、通常のマイル還元率最大1.25%もまずまずではありますが、他にもっと還元率の高いクレジットカードもあり、すごく良いという還元率でもありません。SPGアメックスで貯めたマリオットのポイントをマイルに交換する際の価値は、その還元率ではなく、

・各航空会社(40社以上)のマイルに交換できる

・ポイントの有効期限は実質無期限

という点であり、その上で最大1.25%以上の還元率を有しているというところです。

マイルに交換可能な航空会社と交換レート

マイルに交換できる航空会社のマイレージプログラムと、交換時のレートは以下となります。

マイレージプログラム 移行比率
(ポイント:マイル)
エーゲ航空 3:1
アエロフロート ・ ロシア航空 3:1
アエロメヒコクラブプレミア 3:1
アエロプラン/エアカナダ航空 3:1
中国国際航空 3:1
エールフランス航空フライングブルー 3:1
ニュージーランド航空エアポインツ 200:1
アラスカ航空マイレージプラン 3:1
アリタリア航空ミッレミリア 3:1
ANAマイレージクラブ(全日空) 3:1
アメリカン航空アドバンテージ 3:1
アシアナ航空 3:1
アビアンカ航空 3:1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ 3:1
エアアジアマイル 3:1
中国東方航空 3:1
中国南方航空スカイパールクラブ 3:1
コパ航空 3:1
デルタ航空スカイマイル 3:1
エミレーツスカイワーズ 3:1
エティハド航空 3:1
フロンティア航空 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 3:1
イベリア 3:1
日本航空(JAL)マイレージバンク 3:1
ジェットエアウェイズ 3:1
ジェットブルー航空 6:1
大韓航空 3:1
ラタム航空ラタムパス 3:1
ルフトハンザ航空 3:1
Multiplus 3:1
カンタス航空 3:1
カタール航空 3:1
サウジアラビア航空 3:1
シンガポール航空クリスフライヤー 3:1
南アフリカ航空 3:1
サウスウエスト航空 3:1
TAP ポルトガル航空 3:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 3:1
ターキッシュ エアラインズ 3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 3:1.1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ 3:1
ヴァージンオーストラリア 3:1

マリオットのポイントのマイル交換先にはシンガポール航空(高いサービス、スイートクラスが超豪華)やエミレーツ航空(ファーストクラスが超豪華)、ブリティッシュエアウェイズ(JALの国内線利用など短距離路線に強い)、ユナイテッド航空(ANAの国内線利用がお得)、アラスカ航空(JALの東南アジアのビジネスクラス利用や北米路線がお得)など魅力的なマイレージプログラムがたくさん含まれていることがわかると思います。

ポイントの有効期限

SPGアメックスで貯めたマリオットのポイントは最後にポイント獲得した日から1年間経過した場合に失効します。しかしながら、SPGアメックスでクレジットカード決済を少しでも行っていれば毎月マリオットのポイントを獲得できるため、ポイントは実質無期限となります。

各航空会社のマイルに自由に交換できるポイントが、実質無期限で保有できるという点はかなり魅力的じゃないでしょうか?ゆっくり貯めて必要な時に必要な航空会社のマイルに交換すればいいというのはすごく使い勝手がいいです。今までマリオット系列のホテルに宿泊しているけどいつもポイント失効させてしまっているなどといった方なども、SPGアメックスを所有して利用していればポイント失効はしなくなります。

 

ポイントを宿泊に利用!

マリオットのポイントはホテルチェーンのポイントプログラムなので、当然ホテル宿泊にお得に利用することができます。有償時宿泊時の料金と無料宿泊に必要なポイント数をみていると、私はポイントをホテル宿泊に利用する場合は1ポイント=0.5円~1円くらいの価値があると考えており、カード利用100円で3ポイント貰えるSPGアメックスはホテル宿泊に利用する場合は還元率1.5%~3%のクレジットカードと考えています。

上述していますが、SPGアメックスはマリオット系列のホテルで利用する場合は100円ごとに6ポイント獲得できます。そのため、マリオット系列のホテルで利用する場合はさらに還元率があがり、実質還元率3%~4.5%くらいにはなります。さらに、SPGアメックスを発行することで得るマリオットボンヴォイのゴールド会員特典のボーナスポイント(25%)も獲得できるため、実際のポイント還元率はさらに高くなります。

マリオットのポイントを利用した無料宿泊の特徴は以下の通りです。

  • 宿泊に必要なポイント数はホテルのカテゴリー、利用シーズンによって異なる
  • 4連泊すると5泊目は無料
  • 宿泊税とサービス料も含んでいるため、基本的に支払いゼロ

無料宿泊に必要なポイント数は以下表の通りですが、4連泊すると5泊目無料や、基本的に支払いゼロ(リゾートフィーなど数ドル程度かかるホテルや、子供の添い寝などで追加料金がかかるホテルもあります)というのはかなり嬉しいですよね。

カテゴリー 標準 オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

カテゴリー8のホテルの無料宿泊は標準時で85,000ポイントと高いポイント数が必要ですが、カテゴリー7以下のホテルであれば、わりとお得に利用可能することができると思います。

なお、上記の表は無料宿泊に必要なポイント数ですが、ポイントはキャッシュ&ポイントという形で全額ポイント宿泊ではなく宿泊代金の支払いの一部にあてることや、より多くのポイントを使って部屋をアップグレードしたりすることも可能です。

キャッシュ&ポイントは3,500ポイント+55米ドルから利用できるため、ポイントが不足している場合や、ポイントを温存したいけどキャッシュも少しおさえたいなどといった場合に有効活用できます。

多くのポイントを使ってより良い部屋に宿泊することはホテルによって扱いが異なっているため、マリオットの専用デスク(SPGアメックス発行後ならゴールドデスク)に電話して確認、相談してみてください。

 

ポイント購入

マリオットのポイントは通常年間50,000ポイントまで購入することができますので、どうしてもポイントが欲しい場合はポイント購入もありです。

ポイントは多く購入すればするほどお得に購入できますが、年間購入上限の50,000ポイントは625ドルで購入できるため、1ドル110円とすると、50,000ポイント=625ドル×110円=68,750円で購入することができますので、1ポイント=1.375円で購入となります。

こちらだと少し高いですが、前回のポイント購入キャンペーン(~2019/10/18まで)では上限年間が100,000ポイントまで引き上げられた上で30%割引を行っていました。その場合は50,000ポイント購入するのに、68,750円*0.7=48,125円で購入することができ、1ポイント=0.9625円で購入となります。これなら利用手段によってはまずまずお得だと思いますので、ポイント購入という選択肢も覚えておいて損はありません。

マリオット宿泊実績がない場合は基本的にマリオットの会員登録90日後から、マリオット宿泊実績がある場合はマリオットの会員登録30日後からポイント購入できるようになります。

 

マリオットのポイントプログラムまとめ

SPGアメックスで獲得できるマリオットのポイントプログラムについてまとめると以下となります。

マリオットのポイントプログラムまとめ
  • SPGアメックスを持っているとポイントは実質無期限
  • 40社以上の航空会社に交換可能で、マイル還元率が最大1.25%(ボーナスキャンペーン中はさらに高くなる)
  • 高級ホテルに無料宿泊可能で、ホテル宿泊の場合はSPGアメックスの還元率は実質1.5%~3%程度
  • ポイント宿泊で4連泊すると5泊目無料
  • ポイント購入は通常50,000ポイントまで可能、セール時は最大100,000ポイントまで可能、セール時はポイント購入単価は1円切り

 

アメリカンエキスプレスのサービス

SPGアメックスはアメリカンエキスプレスのゴールドカード相当のクレジットカードです。今までご紹介したSPGのサービスのほか、アメリカンエキスプレスのサービスも受けることができます。以下、主な魅力的な特典です。

空港ラウンジ利用

一般的なゴールドカードで入ることが可能なカードラウンジに入室できます。他のゴールドカードを所有していたり、航空会社の上級会員となって航空会社ラウンジに入ることのできる方にとっては魅力的な特典とは言えませんが、ラウンジ利用不可の方にとっては助かりますね。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送可能です。私は仙台空港利用で移動がそれほど大変ではないため自分で運んでしまいますが、疲れている中、空港からスーツケースを配送できるのは楽で、重宝している方も多くいらっしゃいます。

オーバーシーズ・アシスト

レストランの予約から医療機関の紹介まで、世界中のほとんどの国から24時間通話無料で日本語でサポートしてもらえます。あまり知られていないサービスですが、海外で何かトラブルがあった際に非常に頼りになるサービスですので、覚えておいて損はありません。

旅行傷害保険

いろいろな条件はありますが、国内の場合は利用付帯(航空券などの代金をカードで支払った場合)、海外の場合は自動付帯(カードで支払っていない場合)で、手厚い補償を受けることができます。

SPGアメックス補償

海外旅行などする場合は保険を付けることが多いと思いますが、SPGアメックスの利用付帯で、障害死亡・後遺障害保険金はカード会員で最高1億円、傷害治療費や疾病治療費は最高300万円、携行品損害保険金は1旅行中最高50万円となかなか手厚い補償がついています。

海外旅行の場合、傷害治療費や疾病治療費は高額になる可能性があるため、この補償だけでは不足しているかと思いますが、クレジットカードの補償は合算がかのうですので、他に持っているカードと組み合わせると十分な補償になり、旅行時に別途保険を掛ける必要がないかもしれません。(ご家族の分含めて必要な金額に達しているかご検討ください)

SPGアメックスの旅行傷害保険の詳しい補償内容については以下をご覧ください。

https://www.americanexpress.com/japan/pdfs/benefits/spg_terms.pdf#page=20

航空便遅延費用補償

海外への旅行の際、4時間以上の遅延や、目的地に到着後6時間以内に手荷物を受け取れない状況などが発生した場合に、宿泊料金や食事代、負担した生活必需品などを補償してもらうこともできます。

航空便遅延費用補償

こちらは自動付帯のサービス(旅行代金を支払っていなくてもSPGアメックスを所有しているだけで受けられるサービス)となるため、海外で航空機の遅延などが発生した場合にはとても助かるサービスで、忘れずに利用したいですね。

そのほか、アメックスの特典については、以下公式サイトをご確認ください。

https://www.americanexpress.com/jp/benefits/starwood-preferred-guest-card/index.html

 

SPGアメックスのメリット、デメリット

これまでもSPGアメックスのメリット、デメリットを含めて紹介してきましたが、改めてメリットとデメリットについてまとめたいと思います。

SPGアメックスのデメリット

SPGアメックスのデメリットまとめ
  • 年会費が31,000円+税と高額
  • マリオットゴールド会員になっても大幅なアップグレードは見込めない、ラウンジや朝食は基本つかない
  • ホテルを探すとき、マリオット系列のホテル中心で考えてしまいがちになる
  • 税金の支払い等ではもらえるポイントは半減される(アメックス全体の話でSPGアメックスに限った話ではありません)

年会費が31,000円+税と高額

やはり一番のネックは年会費。31,000円+税というと正直発行をためらう方も多いと思います。

ただ、こちらは仕方がないので、年会費で高級ホテルに年一回無料宿泊できることと、その他特典に魅力を感じるかどうかで発行するかどうかを決めればよいと思います。

マリオットゴールド会員の特典

マリオットゴールド会員になっても「大幅なアップグレードは見込めない」、「ラウンジも朝食もつかない」というのもちょっと残念な面です。

カード発行でホテルの上級会員になれる同じようなクレジットカードとして、ヒルトン・オナーズVISAカードがありますが、そちらは年会費14,150円(税込み)でゴールド会員になれ、マリオットのゴールド会員よりアップグレードが見込めそうですし、朝食もつくようです。

ヒルトンの場合はホテル数がマリオットより圧倒的に少ないのですが、いつも旅行先が決まっていてそこにヒルトンがあるという場合はSPGアメックスよりヒルトン・オナーズVISAカードのほうが向いているかもしれません。

マリオット系列のホテル中心になる

マリオット系列のホテル中心で探してしまいがちになってしまうというのもデメリットの一つとしてよくあげられます。ただ、私はここは自身でうまく調整出来るのであれば別によいと思ってもいます。

私も有償宿泊、ポイント宿泊にかかわらず、まずはマリオット系列からホテルを探してしまうようになってしまいましたが、今年の旅行では半分以上マリオット系列以外のホテルに宿泊しています。コスパやホテルでの滞在時間、目的などを踏まえてホテルを客観的にセレクトできるのであれば大してデメリットにはならないのではないでしょうか。

 

SPGアメックスのメリット

SPGアメックスのメリット
  • マリオットのポイントプログラムが超魅力的(実質無期限、40社以上の航空会社へのマイルへの交換、ホテル宿泊)
  • マリオットゴールド会員になれる(デメリットとは逆だが、レイトチェックアウトなど魅力的な特典もある)
  • マリオットのポイントがかなり貯まりやすい
  • 年に1回は無料宿泊できる(初年度は入会ボーナス、2年目以降はカード継続ボーナス)
  • 知り合いに紹介するとポイントがもらえる

SPGアメックスのメリット詳細については、ここまでのSPGアメックスの紹介の中でいろいろと紹介してきましたので、ここでは割愛します。

 

私がSPGアメックスを発行した理由!

ここまでSPGアメックスの特徴などについてご紹介してきましたが、私がSPGアメックスを発行した理由について紹介させていただきます。

SPGアメックスの発行を悩んでいる方の参考になればと思いますので、一応、私の情報についてもお知らせしておきます。

  • 一般サラリーマン
  • 地方(仙台近郊)在住
  • 家族4人(10歳と4歳の子供)
  • 旅行は年3,4回(以前は年1程度の旅行だったが、陸マイラーになってから特典航空券での旅行が増えた)
  • 以前は高級ホテルとはほぼ無縁で安いホテルを中心に利用

SPGアメックスを発行した理由

私がSPGアメックスを発行した大きな理由は、以下となります。

私がSPGアメックスを発行した理由
  • 陸マイラーになり、クレジットカード決済でANAマイルを貯める必要性を感じられなくなった
  • ANAマイル以外の航空会社のマイルも貯めたくなった
  • たまには高級ホテルに泊まってみたい
  • マイルを使った特典航空券+ポイント宿泊で格安で豪華な旅行がしたい
  • 年会費は初年度は入会ボーナスと継続特典の無料宿泊でペイして、SPGアメックスの特典を受けることができれば十分あり

私は以前よりクレジットカードを利用してマイルを貯めていましたが、2016年よりポイントサイトを利用してマイルを貯め始め、毎年、年間216,000マイル以上のペースで継続してANAマイルを貯めることができています。

地方在住で家族持ち、休みを取りにくい仕事であるため、旅行できる回数は限られており、クレジットカードで例えば年間200万円利用して還元率1.5%で30,000ANAマイル貯めることにほとんど魅力を感じなくなってきていました。

正直、以前はホテルにはあまり興味を持っていませんでしたが、Twitterやブログで多くのマイラーさんが高級なホテルへ滞在している様子を見て、高級ホテルへの憧れてきたところに、マリオットのSPG買収です。

クレジットカード1枚の発行でマリオット、SPGのゴールド会員になれて、ポイントでホテルに無料宿泊することができる。さらには、ポイントは40社以上の航空会社のマイルに交換することも可能であれば、SPGアメックスを発行してスターポイント(現在はマリオットのポイント)を貯めたい!となり、少し悩んだ上で発行しました。結果、今でも発行して本当に良かったと思っています。

正直なところ以前(2018年8月まで)はゴールド会員でもマリオットでラウンジが利用可能だったというのも決め手の一つとしてありますが、今のラウンジが使えない条件でも十分ありだと思っています。

私は現在プラチナ会員でラウンジなど利用出来る環境にありますが、来年ゴールド会員に落ちたとしても、そのポイントプログラムの優秀さ(+継続特典での無料宿泊)からSPGアメックスを継続して持ち、メインカードとして利用し続けていく予定です。(チャンスがあればプラチナチャレンジをするかもですが・・・笑)

 

最後に

SPGアメックスは年会費が高く万人に向くカードとは言えないかもしれませんが、クレジットカード継続時には50,000ポイントまでの無料宿泊を獲得できますし、初年度も入会ボーナスでもとは簡単にとれてしまうので今からでも十分入会の価値はあると思います。

マイルやホテルに興味がある方には本当にお勧めしたいクレジットカードです。

マリオットは日本での新規開業予定ラッシュで、これから数年以内の間に20以上のホテルが新規オープンする予定です。現状、日本で開業されているマリオット系列のホテルは44ホテルですが、今後一気に1.5倍のホテル数となり利用しやすさは格段にUPすると思います。

今のうちからSPGアメックスを発行して汎用性の高いマイルへの交換や、高級ホテルも楽しんでみてはいかがでしょうか!?

もし、SPGアメックスの紹介を希望される方は、以下よりご連絡頂ければ、24時間以内に折り返し紹介プログラム用のURLをメールにてご連絡いたしますので、お気軽にご連絡ください。なお、マリオットの紹介も希望される場合は、コメント欄に「マリオット会員の紹介も希望」とご記入頂ければと思います。

SPGアメックスはお勧めできるのか!?2年間のマリオット系ホテル利用履歴とSPGアメックスを利用しての感想!

スポンサーリンク