私がSPGアメックスを発行した理由!初年度からカード年会費のもとはとれる!!

SPGアメックスは年会費が31,000円+消費税という一般的には非常に高額なクレジットカードですが、2016年秋以降くらいからマイラー界の中で一番人気のクレジットカードです。私もその年会費の高額さゆえに発行を迷いましたが、いろいろ悩んだ末に2017年の2月にSPGアメックスを発行しましたが、発行して本当によかったと思っています。

今回はそんなSPGアメックスというクレジットカードの魅力と、私が年会費30,000円以上もするクレジットカードを発行した理由について紹介していきます。

SPGアメックスとは?

SPGアメックスは2013年に登場したクレジットカードで正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

スターウッド(シェラトン、ウェスティン等)とアメックスが提携したクレジットカードですが、2016年にスターウッドが大手ホテルチェーンのマリオットに買収されたことにより、現在はSPGアメックスを所有するだけで、SPGとマリオット、リッツカールトンのゴールドエリートの資格を得ることができることが大きな特徴のクレジットカードと言えます。

年会費+カード継続ボーナス

年会費:31,000円+消費税

年会費は冒頭で触れているとおり、31,000円+消費税とかなり高いです。ほんの少し前までクレジットカードの年会費に1万円以上支払うことなんてばからしいと思っていた私にとっては目玉が飛び出るような年会費です。

このばか高い年会費は初年度から回避することが出来ませんので、SPGアメックスを発行したいと考える場合は、カード発行によって得られるベネフィットとこの年会費を天秤にかけて発行の決断をする必要があります。

なお、2年目以降は次に紹介するカード継続ボーナスである無料宿泊プレゼントで年会費分をペイできると考えて発行に至る方が多いです。

カード継続ボーナス1:無料宿泊プレゼント

カード継続ボーナスとして、世界各地のマリオット、SPG系列のホテルで利用できる1泊1室の無料宿泊特典(50,000ポイントで宿泊可能なホテルへの宿泊)がもらえます。

マリオットとSPGのポイントが統合した新プログラムではカテゴリーは1~7まで(2019年からは8まで)です。標準ポイント数でみるとカテゴリー6の宿泊に必要なポイント数が50,000ポイントなので、無料宿泊できるのはカテゴリー6まで、無料宿泊できないホテルはカテゴリー7、8のみとなります。カテゴリー6までであればある程度高級ホテルが含まれておりますので、十分な特典内容です。(オフピークであればカテゴリー7まで利用可能)

マリオット、SPGが統合したことによって無料宿泊で利用できるホテル数が一気に増え、陸マイラーであれば特典航空券+SPG無料宿泊をセットで利用することで、かなりお得に上質の旅行ができると思います。

無料宿泊特典の大きなポイントとしては「祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、 無料宿泊特典が利用できる」というところです。2019年からピーク時には必要ポイント数がアップしてしまいますが、それでも繁忙期の宿泊料金と比べると、ポイント宿泊はかなりお得で、重宝されるポイントではないかと思います。

なお、ご家族がいらっしゃる場合は宿泊時の子どもの取り扱いについて気になるかと思います。子どもの取り扱いはホテルによって異なりますが、12歳以下の子どもであれば添い寝として利用できるところが多いですので、家族で無料宿泊を利用することも可能です。家族で利用する場合は子どもの添い寝について電話で確認&予約するようにしましょう。

カード継続ボーナス2:5泊分の宿泊実績

こちらはゴールド会員よりさらに上のプラチナ会員を獲得するために必要な宿泊実績のプレゼントです。大半の方には関係ないと思いますので、今回の紹介からは割愛させて頂きますが、プラチナ会員を目指す方にはうれしい特典です。

 

SPGアメックスのポイントプログラム

SPGアメックスではクレジットカード利用代金100円ごとに3ポイント獲得できます。SPGとマリオットのプログラム統合の2018年7月までは100円の利用で1スターポイントの獲得でしたが、もともと1スターポイント=3マリオットリワードポイントでしたので、旧プログラムと同一レート(2018年8月よりマリオットのポイント数に統一)であり、通常の還元率は1%のクレジットカードと言えます。なお、マリオット、SPG系列のホテルで利用する場合は100円ごとに6ポイント獲得できます。

還元率だけでみると普通のクレジットカードのさほど変わらず、そこまでお得には見えませんが、SPGアメックスで獲得できるポイントが大変魅力的なポイント制度となっています。

ポイントをマイルに交換!

貯めたポイントはANAやJALをはじめ、多くの航空会社のマイルに3ポイント=1マイルのレートで交換することができます。

SPGアメックス利用代金100円ごとに3ポイント獲得でき、3ポイントが1マイルに交換できるので、通常のマイル還元率は1%となります。ただし、60,000ポイントごとに15,000ボーナスポイントが追加で提供されるため、60,000ポイントの交換で75,000ポイント分=25,000マイルに交換でき、マイル還元率は1.25%とまずまずの還元率となります。

ただ、マイル還元率1.25%もまずまずではありますが、すごく良いという還元率でもありませんよね。SPGアメックスで貯めたポイントをマイルに交換する際の価値は、その還元率ではなく、

・各航空会社のマイルに交換できる

・ポイントの有効期限は実質無期限

という点であり、その上で1.25%の還元率を有しているというところです。

マイルに交換可能な航空会社と交換レート

ポイントからマイルに交換できる航空会社のマイレージプログラムと、交換時のレートをのせておきます。マイルの交換先にはシンガポール航空やエミレーツ航空(ファーストクラスが超豪華)、ブリティッシュエアウェイズ(JALの国内線利用がお得)、ユナイテッド航空(ANAの国内線利用がお得)、アラスカ航空(JALの東南アジアのビジネスクラス利用がお得)など魅力的なマイレージプログラムがたくさんあります。

マイレージプログラム 移行比率
(ポイント:マイル)
エーゲ航空 3:1
アエロフロート ・ ロシア航空 3:1
アエロメヒコクラブプレミア 3:1
アエロプラン/エアカナダ航空 3:1
中国国際航空 3:1
エールフランス航空フライングブルー 3:1
ニュージーランド航空エアポインツ 200:1
アラスカ航空マイレージプラン 3:1
アリタリア航空ミッレミリア 3:1
ANAマイレージクラブ(全日空) 3:1
アメリカン航空アドバンテージ 3:1
アシアナ航空 3:1
アビアンカ航空 3:1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ 3:1
エアアジアマイル 3:1
中国東方航空 3:1
中国南方航空スカイパールクラブ 3:1
コパ航空 3:1
デルタ航空スカイマイル 3:1
エミレーツスカイワーズ 3:1
エティハド航空 3:1
フロンティア航空 3:1
海南航空 3:1
ハワイアン航空 3:1
イベリア 3:1
日本航空(JAL)マイレージバンク 3:1
ジェットエアウェイズ 3:1
ジェットブルー航空 6:1
大韓航空 3:1
ラタム航空ラタムパス 3:1
ルフトハンザ航空 3:1
Multiplus 3:1
カンタス航空 3:1
カタール航空 3:1
サウジアラビア航空 3:1
シンガポール航空クリスフライヤー 3:1
南アフリカ航空 3:1
サウスウエスト航空 3:1
TAP ポルトガル航空 3:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 3:1
ターキッシュ エアラインズ 3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 3:1.1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ 3:1
ヴァージンオーストラリア 3:1
ポイントの有効期限

ポイントは最後にポイント獲得した日から1年間経過した場合に失効します。SPGアメックスでクレジットカード決済を利用していれば毎月ポイント獲得できるため、ポイントは実質無期限と同じことになります。

各航空会社のマイルに自由に交換できるポイントが、実質無期限で保有できるという点は大変魅力的なサービスです。

ポイントを宿泊に利用!

ポイントはマリオット、SPGホテルのプログラムですので、当然宿泊にも利用できます。主な内容をみてみましょう。

  • 宿泊に必要なポイントはホテルのカテゴリー、利用シーズンによって異なる
  • 4連泊すると5泊目が無料
  • 宿泊税とサービス料も含んでいるため支払い不要

無料宿泊に必要なポイント数は以下表の通りです。(2018年8月より変更となっています)

カテゴリー 標準

8月18日から適用

オフピーク

2019年から適用

ピーク

2019年から適用

1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8

2019年から適用

85,000 70,000 100,000

最上級のホテルでも2018年は60,000ポイント(2018年はカテゴリー7までの設定であり、ピーク設定もないため)、2019年は最大85,000ポイントで無料宿泊可能です。カテゴリー上位のホテルでは宿泊料金が軽く50,000円を超えてくるところも多いのでポイントで高級ホテルに無料宿泊できるというのは夢が広がります。

各ホテルのカテゴリについては公式ページからご確認ください。

なお、ポイントはキャッシュ&ポイントという形で宿泊代金の支払いの一部にあてることも可能です。3,500ポイント&55米ドルから利用できるため、ポイントが不足しているとか、ポイントを温存したいけど、キャッシュも少しおさえたいなどといった場合に有効活用できます。

 

ゴールドエリートの特典

ゴールドエリートの特典

通常は1年間に25泊以上することで獲得することができるゴールドエリートの資格をSPGアメックスのクレジットカードを発行するだけで獲得することができます。

25泊なんて大したことないと思われる方もいると思いますが、1泊数万円もするホテルにそれだけ宿泊することは一般庶民にはなかなか厳しい条件です。それがクレジットカード発行のみでゴールドエリートになれてしまうというのはすごい特典です。

ゴールドエリートの主な特典は「優先レイトチェックアウト」、「より望ましい客室へのアップグレード」、「ポイントボーナス」などでしょうか。

「優先レイトチェックアウト」は午後2時までのチェックアウト延期が可能となります。夕方や夜の便で移動するなどといった場合にゆっくり出来る拠点があるのとないのでは大違いで、行動の選択肢も格段に増えます。小さな子ども連れならなおさら、ものすごく嬉しいサービスの1つです。

「より望ましい客室へのアップグレード」は文字通りお部屋のアップグレードで、チェックイン時に空室があれば部屋をアップグレードしてもらえます。が、過度な期待は持ちすぎないほうが良さそうです。同じグレードの中のよい部屋(高層フロアー、眺望、コーナールームなど)をあてがってもらえるくらいのもので、部屋をアップグレードしてもらえたらラッキーくらいと考えておくようにしましょう。

「ポイントボーナス」はマリオット、SPG系列のホテルまたはリゾートでの対象となる支払いで、一般会員より25%増のポイントを獲得できるようになります。

 

アメリカンエキスプレスのサービス

SPGアメックスはアメリカンエキスプレスのクレジットカードですので、今までご紹介したSPGのサービスのほか、アメリカンエキスプレスのサービスも受けることができます。以下、主な魅力的な特典です。

空港ラウンジ利用

一般的なゴールドカードで入ることが可能なカードラウンジに入室できます。ただ、他のゴールドカードを所有していたり、航空会社の上級会員となって航空会社ラウンジに入ることのできる方にとっては魅力的な特典とは言えません…。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送可能です。

オーバーシーズ・アシスト

レストランの予約から医療機関の紹介まで、世界中のほとんどの国から24時間通話無料で日本語でサポートしてもらえます。あまり知られていないサービスですが、これは海外で何かトラブルがあった際に非常に頼りになるサービスです。

旅行傷害保険

もろもろ条件はありますが、国内の場合は航空券などの代金をカードで支払った場合、海外の場合はカードで支払っていない場合も手厚い補償を受けることができます。補償内容は以下をご覧ください。

https://www.americanexpress.com/japan/pdfs/benefits/spg_terms.pdf#page=20

航空便遅延費用補償

海外への旅行の際、4時間以上の遅延や、目的地に到着後6時間以内に手荷物を受け取れない状況などが発生した場合に、宿泊料金や食事代、負担した生活必需品などを補償してもらえます。自動付帯のサービスですので、海外で航空機の遅延などが発生した場合には必ず利用したいですね。

 

私がSPGアメックスを発行した理由!

SPGアメックスを発行した理由

私がSPGアメックスを発行した一番大きな理由は、「クレジットカード決済でANAマイルを貯める必要性を感じられなくなったため」です。

2016年より陸マイラー活動をはじめ、年間216,000マイル以上のペースで継続してANAマイルを貯めることができており、今後しばらくはANAマイルにはそこまで困らなさそうです。

私の旅行できる回数の制約も踏まえて考えると、クレジットカードで例えば200万円利用して、還元率1.5%で30,000マイル貯めることにほとんど魅力を感じなくなってきていました。

正直、今までホテルにはあまり興味を持っていませんでしたが、Twitterやブログで多くのマイラーさんが高級なホテルへ滞在している様子を見て、高級ホテルへの憧れてきたところにSPGアメックスです。「クレジットカード1枚の発行でホテルの上級会員になれて、ポイントで高級ホテルに無料宿泊できる。さらには、他の航空会社のマイルに交換することも可能であれば、SPGアメックスのポイントを貯めたい!」となりました。

年会費31,000円+税という高額なクレジットカードですが、カード継続ボーナスとクレジットカード利用で貯めたポイントで年2泊くらいは高級ホテルに無料宿泊できて、ゴールドエリートのおもてなしを受けられるのであれば全くの許容範囲ではないでしょうか。

初年度分の年会費をどう考えるか?

SPGアメックスは2年目以降はカード継続ボーナスの無料宿泊でもとをとれるけど、初年度がなぁ・・・」と思ってSPGアメックスの発行をためらう方も多いかと思いますが、私はそこは入会ボーナスで十分まかなえると思っています。

SPGアメックスの入会ボーナスは最大で36,000スターポイント獲得できます。(入会後3か月以内に10万円以上利用で30,000スターポイント獲得、アメックスゴールドカードやSPGアメックス所有者から紹介してもらって発行すると紹介プログラムとして6,000スターポイント獲得できます。)

私はこの発行時に獲得できる36,000ポイントを利用して無料宿泊の予約をすることで、初年度分の年会費のもとはとれると考えています。

私の場合ですが、入会時に獲得したポイントのみで、マリオットの最上級のホテルに無料宿泊しましたが、その時私が宿泊したホテルは1泊595ユーロ~のホテルでしたので、入会時の特典のみで、現時点の為替レート(1ユーロ130円ほど)で77,000円分の無料宿泊を獲得したことになります。

2018年4月の紹介ポイント数変更、2018年8月のポイントプログラム変更によって、現在は入会時に獲得するポイントのみでは最上級ホテルには宿泊できませんが、入会時に獲得できる3,6000ポイントに15万円くらいの支払いのポイントを加算すれば、40,000ポイントのカテゴリー5のホテルに宿泊できますので、十分元はとれるのではないかと思います。

普段であればこのような高級ホテルには宿泊しないので、厳密にもとをとれているか?と言われると微妙なところではありますが、31,000円+消費税の年会費分くらいのもとはとったと言っても過言ではないかと思っています。

SPGアメックスのカード発行はどこからすべき?

SPGアメックスをお得に発行するのはポイントサイト経由か、紹介プログラムをを利用するかの2通りしかありません。

ポイントサイト経由でSPGアメックスを発行する場合、一時期は10,000円相当のポイントが獲得できた時期もありますが、現時点では2,000円相当のポイントしか獲得できません。紹介プログラム分のポイントがもらえなくなるため、入会ボーナスとしては30,000ポイントしか獲得できないため、若干微妙といえるでしょう。

入会ボーナスとして最大の36,000スターポイントを獲得するためには、紹介プログラムを利用するしかありません。そうなると、SPGアメックスの発行は、紹介プログラムを利用して発行するの1択です。

基本的にはアメックスプラチナ、アメックスゴールド、SPGアメックスを所有している知り合いの方から紹介してもらいましょう。入会後3か月以内に10万円以上の利用で36,000ポイントを獲得することができます。

もし、身の回りにアメックスゴールドやSPGアメックス保有者がいらっしゃらない場合は、以下よりご連絡いただければ24時間以内に紹介用の登録フォームをご連絡させていただきますので、ぜひともご連絡ください。アメックスでは不特定多数の方へのカード紹介は禁止されていますので、私の知人ということで紹介させていただきます。名前はニックネームで構いませんので遠慮なくご連絡いただければと思います。

最後に

SPGアメックスを発行することによって、旅行が確実にワンランクアップすると思います!

私は2017年は航空券はANAの特典航空券で欧州ファーストクラス、ホテルは(1泊だけですが)パリの五つ星ホテルに無料宿泊です。私は去年陸マイラーになるまでは、ファーストクラスも五つ星ホテルも想像したこともない世界です。

これってすごく夢がないでしょうか!?陸マイラー万歳です\(^o^)/

SPGアメックスは年会費こそ高いというデメリットはあるものの、クレジットカード継続時には50,000ポイントまでの無料宿泊を獲得できますし、初年度も入会ボーナスでもとは簡単にとれてしまうので今からでも十分入会の価値はあると思います。

マイル還元率だけのクレジットカードにとらわれず、ホテル、各航空会社のマイルという汎用性の高いSPGアメックスの発行を考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク